06
29
30
   

10回目の優勝☆

6月13日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
パリウォッチのmarineさんに会えた☆

2人写真、2人とも目をつむってしまった(>_<)

mari7.jpg

でもとにかく会えて嬉しかった♡

**************

日曜日の夕方は、

IMG_2563.jpg

チョコレートと麦茶で全仏オープン・男子決勝をTV観戦でした☆

IMG_2019_2.jpg

結果はご存知ようにスペインのラファエル・ナダル選手がスイスのスタン・バブリンカ選手にセットカウント3対0で勝利!
3年ぶり10回目の優勝☆☆☆

IMG_2018_2.jpg

ここ数年の怪我からの復帰の優勝ということもあってか国歌が流れる中でナダルの目には涙がたまってウルウル。

IMG_2020_2.jpg

それにしても本大会で10回優勝とはスゴイ!前人未到。

決勝戦は最初から最後までナダルペースの試合でスーパーショット連発。
呆気ないくらいの早さで終わってしまいました…。
個人的にはもっと手に汗にぎる試合が見たかったけれど。

IMG_2021_2.jpg

早めに試合が終わったせいか?過去の10回の優勝シーンなどが放送されたのはファンとしては懐かしさもあって嬉しかった(#^.^#)

昔の長髪でワイルドな方が好きかも♡

IMG_2022_2.jpg

そして先週誕生日を迎えた彼のバースデーをホテルで祝っているシーンも流れたのですが、

K「なんかさ、こういっちゃなんだけど泊まってるホテルがしょぼいんだけど。ナダルならもっと全然すごいホテルに泊まれるよね?」

夫「それが今ちょっと話題なんだよ〜。彼がまだ無名の頃、初めての全仏オープン出場で優勝した時に滞在したホテルに今でも泊まってるって。げんを担いでるらしいけど。」

K「確かに勝負の世界に生きる人は“げん”・“縁起”をかつぐよね。私の勝負パンツは最近出番がないけど、うふ。」

夫「最近色気のない下着ばかりだよな…。」

IMG_2023_2.jpg

最後は特番的にテニスコートでのインタビュー。
スペイン語での同時通訳インタビューになった途端に饒舌になり笑顔も炸裂☆

10回目の優勝おめでとう!!な日曜日でした\(^o^)/




スポンサーサイト

Do you need some help?

6月4日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
マルシェ歩きと初夏のES☆

大好物♡

IMG_2858_2.jpg


**********

先日夫とメトロに乗った時のこと。

私は4人がけのボックス席に座り、まわりは3人の英語を話すツーリスト女性たち、夫は少し離れた所に立っていました。

その3人はこれから目指す場所の行き方について、iPhoneを見ながらあーだこーだと相談中。
ここはやはり「Do you need some help?」と声をかけるべきかどうか。。
でも、The 方向音痴の私は日本語でさえ的確に説明できないのに英語じゃ尚のこと。
私から声をかけるのはやめておこう…
ここは気配を消してニンニン(忍者か!)。

なのに隣りの女性が

「ちょっと、あなたこのへんに住んでる人?」と話しかけてきたー。

私もツーリストです!とは言えず「はい…」と答えてしまった。

「ヴォージュ広場って知ってる?」

「はい」

「サン・ポール駅ってところから歩ける?」

「はい」

「でもサンポール駅がこのラインにないんだけど。」

「サン・ポールは1号線だから。これは8号線。」

「え、まじで?!ほら、やっぱ私達間違ってるよー」と3人はワーワー話し出した。

「このラインの駅から歩ける駅はないの?」

「シュマン・ヴェールからなら…、ちょっと待ってください。夫が説明できるから!」

で、夫を呼ぶ。

K「この人たちにシュマン・ヴェールからヴォージュ広場に行きたいんだって。行き方を説明してあげて!」

夫「いやだ」

K「・・・!」

K「なんでよ。彼女たち英語人種、アメリカ人でしょ。英語でちゃちゃっと説明してあげてよ。」

夫「アメリカ人じゃない。彼女達の言葉はイギリス英語だ。」

K「は? どうでもいいよ。英語は英語、通じるでしょ。ヴォージュ広場だよ〜!」

夫「だから嫌だって。」

K「なんでよ?」

夫「みんなブスだから。」

K「・・・!」

ホントに言葉が出て来なかった…。

K「ブスだと道も教えてあげないの?」

夫「うん」(キッパリ!)

K「お願いだから助けてあげて!」

夫は渋々iPhoneを見ながら説明を始めました。

彼女たちも私と同じアナログ人間のようでiPhoneを見ながらも、ナビなどは上手く使えないらしい…。

最終的には1番線に乗り換えてサン・ポール駅を目指すことにしたらしい。

正直なところ彼女たちの態度は最初からあまり好印象ではなかった。
私に対してもいきなり「あんたこのへんの人〜?」みたいな聞き方で、人にものを尋ねる風ではなく、老け過ぎたスパイスガールズのような3人組。
年齢的には私世代だろうに、なんというか大人気ないというかなんというか。。

結局彼女たちは、夫にあれこれ聞きまくったものの、最後はお礼の一言もByeの言葉もなく、止まらぬオシャベリでメトロを下りていった。

こんな人もいるんだな…と、ある意味驚きの体験でした。

K「あんまり感じのよくない人達だったね…」

夫「最初っから感じ悪かったよ!! 見た目がブスなんじゃなくて、雰囲気がブスだった!」

K「そうかもしれない…」

どんな時も雰囲気美人、心美人を心がけようと思った出来事でした。

IMG_2880.jpg


彼女たちの目指したヴォージュ広場☆




決戦は日曜日

4月25日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
Lahaina Grill☆

地元新聞では2015年にBest Restaurant On Mauiに選ばれたお店☆

Mauitime-Voted-Best-of-Maui-Best-Restaurant-Lahaina-Grill-by-Maui-Time-Weekly.jpg


***********

個人的にはアメリカの大統領選挙より気になるフランスの大統領選!

IMG_1940_20170424190826d9f.jpg

第一回投票の結果、中道系独立候補で政治運動“En Marche”を率いるEmmanuel Macron(エマニュエル・マクロン)前経済相と極右政党“FN”の党首Marine Le Pen(マリーヌ・ルペン)が決戦投票へ。

投票には来月7日・決戦は日曜日!

どっちに決まるのか!?
普通なら…でも普通じゃないことが起こる今日この頃だし…と我が家でもあれこれ議論しつつ、

IMG_1822_2.jpg

食後の柏餅をモグモグ。

白餅で味噌餡 or 草餅で粒あん、
どっちかって言ったらどっちよーな議論にすり替わっていた…。



フランス大統領選挙に伴う注意喚起

4月22日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
Burn'n Love Elvis in Hawaii☆

案外知ってる曲があるある〜♬

IMG_1877_2_201704210857410cf.jpg

*********

4月18日にもフランス大統領選挙を狙ったテロを計画していた容疑で男性2人が逮捕されたいうニュースと聞いたばかりでしたが、4月20日21時頃、パリ市内のシャンゼリゼ大通りで発砲事件があり、警官1名が死亡、他2名が負傷し、実行犯1名は射殺されたいうまたショッキングなニュース。

私は来月パリに向かう予定ですが、いろんな点で日本とは違うのでテロ云々に関係なく気持ちは切り替えて、気をつけられる部分は気をつけていこう、暮らそうといつも思います。

以下、外務省からの「フランス大統領選挙に伴う注意喚起」をご参考までに。

フランス:パリ市内のシャンゼリゼ通りにおける銃撃事件発生に伴う注意喚起 2017年04月21日
【ポイント】
●4月20日夜,パリ市内のシャンゼリゼ通りで銃撃事件があり,少なくとも警察官3名及び外国人1名が死傷する事件が発生しました。
●フランスでは大統領選挙を標的としたテロ計画の容疑者の逮捕事案等も発生しており,引き続きテロ等への注意が必要です。

☆詳細については,下記の内容をよくお読み下さい。

1 4月20日21時頃(現地時間),パリ市内のシャンゼリゼ通りで銃撃事件があり,少なくとも警察官3名及び外国人1名が死傷,実行犯1名が現場で射殺されたと報じられています。また,別の容疑者に対する逮捕状が出されたとの報道もあります。

2 本件について,事実上のISILの通信社とされる「アアマーク通信」は,本件犯行が「ISILの兵士」によって行われたと発表しています。また,フランスでは23日に大統領選挙を控え,18日にはこれを標的としたテロ計画の容疑で2人が逮捕されていますが,この事件の容疑者もISILへの接触を試みていたとの情報があると報じられています。この他,今年に入ってから,欧州では都市の中心部において不特定多数を標的とするテロが連続して発生しており,引き続き注意が必要です。

3 フランスへ渡航・滞在される方は,最新の関連情報の入手に努め,不特定多数が集まる場所(観光施設,公共交通機関,デパートや市場,競技場等)や,政府・軍・警察関係施設では,周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れる等安全確保に努めてください。
また,大統領選挙期間中,テロ等不測の事態に巻き込まれることのないよう,以下のような場所には不必要に近づかないなど十分注意してください。
 ●投票所及びその付近
 ●候補者の演説や関連の集会
 ●候補者の選挙事務所付近

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html )
また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

5 なお,テロ・誘拐対策に関しては,以下も併せてご参照ください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館等連絡先)
○在フランス日本国大使館
住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France
電話: (市外局番01) 4888-6200
 国外からは(国番号33)-1-4888-6200
FAX: (市外局番01) 4227-5081
 国外からは(国番号33)-1-4227-5081
ホームページ:http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在ストラスブール日本国総領事館
住所:"Tour Europe", 20, Place des Halles, 67000 Strasbourg, France
電話: (市外局番03) 88-52-85-00
 国外からは(国番号33)-3-88-52-85-00
FAX: (市外局番03) 88-22-62-39
 国外からは(国番号33)-3-88-22-62-39
ホームページ:http://www.strasbourg.fr.emb-japan.go.jp/

○在マルセイユ日本国総領事館
住所:70, Avenue de Hambourg, 13008 Marseille, France (B. P. 199,13268  Marseille Cedex 08, France)
電話: (市外局番04) 91-16-81-81
 国外からは(国番号33)-4-91-16-81-81
FAX: (市外局番04) 91-72-55-46
 国外からは(国番号33)-4-91-72-55-46
ホームページ:http://www.marseille.fr.emb-japan.go.jp/

○在リヨン領事事務所
住所:131, boulevard de Stalingrad, 69100 Villeurbanne, France
電話: (市外局番04)37-47-55-00
 国外からは(国番号33)-4-37-47-55-00
FAX: (市外局番04)78-93-84-41
 国外からは(国番号33)-4-78-93-84-41
ホームページ:http://www.lyon.fr.emb-japan.go.jp/jp/

まさかのペアルック!?

3月16日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
Rick Owens@パレ・ロワイヤル

大好きなリック♡

IMG_1554_2.jpg

***********

リック・オウエンスに向う途中、パレ・ロワイヤルの回廊を歩いていると

IMG_0350.jpg

夫「おっ!あれ、ペアルックなムートン? かっこいいねー。僕達もやる?!

K「やだ…。ペアルックって単語も久々に聞いたよ…。」

と、ペアルック・お揃いウェアは拒んだのに今日自宅に届いた小包を開けてビックリ(@_@。

IMG_1550.jpg

K「ちょっとちょっと、これ何?しかもお揃い…。」

夫「おー!今度のハワイで着ようと思ってオーダーしといたラッシュガード♬ 着てみて!」

初めて着るワンピースタイプのラッシュガード…。

Jessica_Alba_in_Fantastic_Four__Rise_of_the_Silver_Surfer_Wallpaper_2_1280.jpg

K「ファンタスティック・フォーみたいなんだけど…」

夫「ジェシカ・アルバはもっとグラマーだよ♡」

K「・・・。」(わかってるよ、そんなことー)

そんな姿は来月ハワイでお披露目?!



旅先で一筆

2月2日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
チュルス的アフタースキー&ソーシャライズ

SPA、気持ちエエ♡
あ…ペディキュア忘れた…。
でもドイツ人マダムたちはあまりペディキュアはしていない感じ。
冬だから?

IMG_0914.jpg

左は私の脚ではありません…。夫。

***********

旅先にはメッセージカードを何枚か持参☆

IMG_1052.jpg

お世話になった方への心付けにお礼のメッセージを添えて。

K「ヘリーにはこのパリっぽいカードの中からどれにしよう?」

夫「彼はパリには興味ないだろ。」

K「・・・。」

C'est pas ma faute

2月1日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
シャレード気分で!?

雪山を眺めながらテラスでいただくアイスクリームも美味しよ〜♬

IMG_0813_2.jpg

**********

パリで頻繁に聞く言葉の一つが、“C'est pas ma faute”(私のせいではありません)!
私にとって直近のそれはソルドでブラウスを買った時のこと。
(以下の画像とお店は関係ありません)

IMG_0521_2.jpg

ラックには42サイズが1着だけ下がっていたので店員さんに36、38はないですか?と尋ねると
そばにいた店員Aが店員Bに「これ、他にサイズないか見てきて〜」と。

店員B「ありましたよ!」と。
店員Bに案内されて試着室で36サイズを試着。

店員B「お似合いですよ。」と。

と言う訳でお買い上げ。

IMG_0519.jpg

ところが自宅に戻って袋から出したら入っていたのは42サイズのブラウス…。

すぐにお店に電話すると
「すみません!レシートとブラウスを持ってきてくれれば交換しますので!」と店員B。

外は雨ふり。寒い(>_<)
でも、明日になったら私のサイズは他の人に売りました…なこともありがち。
夜はディナーの予定があったので夫同伴でお店に向かいました。

お店に入るなり、店員Bが
「ホントにすみません!!でもね、セパマフォッ(C'est pas ma faute)!=私のせいじゃないんです!」

K「え?」

B「店員A(この時、お店に不在)があなたのサイズは42だと言って、42のブラウスを私に渡したので私はそれを包んだだけ。店員Aが42サイズと言ってたのよね…。だから私はこのままブラウスを交換するのがちょっと心配。良かったらもう一度それぞれ試着して着比べた方がいいと思うのですが…。」

K「・・・。」

立て板に水とはこういうことなのか?と、ヘンなところで感心しつつ、そのスラスラペラペラと出てくる言葉に返す言葉が見つからない。

IMG_0516.jpg

というか、彼女の言葉を聞きながら

・そもそもバックヤードから36サイズを持ってきたのは店員B、あなた!
・試着したところを見たのも店員B、あなた!
・もっと言わせてもらうなら、このお店の洋服のサイズは表示サイズよりも緩め。
なので42サイズはハンガーのまま体にあてただけで肩位置が私には合ってない…と思う。

K「ねーねー、今の聞こえたよね?もう1回着た方がイイって言われてるんだけど、時間ある?」
と、出口にいた夫を振り返ったら鬼の形相…

夫「ふざけるんじゃないっ!!!」(お店に響く大声。店内には他にお客さんはいませんでしたけど。)

あ…キレた。しかも日本語で。。

夫「その服持ってきて着せたのはその人なんだろ?なんでそんな嘘をつく?ごちゃごちゃ言うならそんなブラウスはいらない。それを置いて今すぐ帰るぞ。」

K「ちょ、ちょ、ちょ、ちょっとそれは困る。もうお金払ってるし。」

日本語で怒鳴られた店員B、あんぐり…。

IMG_0515.jpg

再度の試着はせずにブラウスを交換してもらって、すぐにお店を後にしました。

こういうことに時々遭遇します。
とにかく自分のせいじゃないから!と言い訳と、明らかに嘘だよね…とわかっていても重ねる言い訳。よく言えば弁が立つ。でも悪くというと言い訳だらけの責任転嫁。

日本では同僚のミスであっても社外に対しては、お客さんに対してはお詫びするし、自分のせいじゃないからねーなんて言い訳はなかなか通用しない。
厳しいビズネスの世界なら尚更。

たかがセールのショッピングではあるけれど、また出た「私のせいじゃない」発言に苦笑い!?
文化・習慣・常識、そして教育が違うと感じることの一面。


K「にしても、いきなり日本語で怒るあなたに一番ビビったよ…」

夫「だから言ってるように、あーゆー時は言葉なんて関係ない!」

十分あなたのお怒りは店員Bに伝わったと思います…。




木登りニャンコ

1月5日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
お気に入りカジュアルイタリアン・オリーヴァ

イカスミリゾットも秀逸でした♡

DSCN15842.jpg


**************

お正月に近所を散歩していたら、どこからか「ニャ〜」な泣声が。

IMG_1699_2_2017010406504471c.jpg

え…猫が木登り(=^・^=)
しかも結構な高さ!

IMG_1700_2.jpg

実家の猫は田舎育ちのくせに木登りなんてしてなかったけど、猫って案外高いところは好きなのでしょうか?!

IMG_1701_2.jpg

「不思議の国のアリス」に出てくるCheshire Cat(チェシャ猫)を彷彿させるニャンコでした(=^・^=)


生後10日目

12月18日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
パスタ解禁で“メログラーノ”へ

今年も鹿は大量発生しているのでしょうか?!

DSCN5824.jpg

***************

MHご夫妻に元気な男の子が誕生☆☆

と言う訳で、ご自宅へお邪魔してきました。

IMG_1616_201612172004272f8.jpg

まだ首の座っていない赤ちゃんを抱っこするのは、とにかく緊張!!

K「怖いーーー!このまま動けないんだけど!」

夫「オレの方が抱っこ上手いよ!こっちにかして!!」

IMG_1644_20161217200425c94.jpg

時々目を開けるものの、スヤスヤと気持ち良さそうに寝ていたGくん。

スクスク育つことを祈ってます☆


バスでもスリ…

11月25日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
マルシェに行こう☆フロマージュ編

ドライトマトを添えて黒胡椒で食べても美味しいブッラータ♡

IMG1_1520.jpg


*****************

時間のある私はパリ市内の移動はバスを利用することが多いです。
でも渋滞しやすく、到着時間が読みづらいので約束時間がある時はメトロ、という感じ。

DSCN4147.jpg

パリの風景も見えるし、何よりスリがメトロより絶対的に少ないから安心☆
と思っていた…。

でも最近はバスの中でもスリ事件が頻発していると聞きました。
メトロで狙われるのは外国人、ツーリストが多いのですが、バスでは小綺麗で比較的年配のマダム、つまり地元パリッ子もターゲットになっていると。

bus72.jpg

気をつけよう…と思っていた矢先のこと。

週末に夫と一緒に72番バスに乗車。
コンコルド広場前を通過。
かなりバスは混雑状態。

私と夫は少し離れた位置で立っていました。

Paris, paysages et monuments

すると、私の隣りのいた3人組のイタリア人の一人が突然ちょっと大きな声で「ピックポケット!」と。
その言葉に気づいた人達が一斉に彼らが見てる方に視線を移すと、my 夫!?

と一瞬焦ったけれど、スリと思われる男は夫の真後ろにいる一見普通の中年パリジャン。

「ピックポケット?」「どこ?」「あの男?」と、ちょっと車内がざわつき、スリに視線が集まったのですが、そのスリ本人はおもいっきりポーカーフェイス。
動揺の様子は微塵もなく、みんなのキツイ視線にも口笛でも吹きそうな顔してる?!

そして次の停留所でそのまま降りていきました…。

hqdefault_2016112410425273e.jpg

そうなのだ!パリのメトロなどにいるスリは、たとえバッグに手を突っ込んでいるところを見つかっても、まだ財布を手にしてない限りは恐ろしく冷静で、言い訳したり、逃げたりしない。何食わぬ顔をしてそこにいる。。
そして次の駅でシラーっとした顔で降りていく。。

今回もまさにそんなスリ男だったけれど、それがバスの車内で起こったことに驚き、ショック…。

バスの中で、もし現行犯的に見つかれば運転手さんからすぐに警察を呼ばれ、御用になるリスクがあるのに、それでも犯行に及ぶとは…。

この日、バスを降りてから

夫「オレ、さっきのスリにすられそうになった!」

K「え?」

夫「後ろから手が伸びてきていて、気がついたから手を叩いてやった。」

K「え…! で、スリの反応は?何か言った?」

夫「なーんにも。」

夫がすられなくて良かった…と思うと同時に、実際にバスの中でもスリが出没することを経験して、今後はバスの中でも油断できない!と気持ちが引き締まった出来事でした。


プロフィール

Madame KEICO

Author:Madame KEICO
10月生まれ蠍座 O型

新潟県の旅館に生まれるも
女将にならず、上京、進学、
就職、結婚♥

約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ1区と東京白金の往復生活中☆

こちらのブログはフィガロ・ジャポンHP掲載中の
Comme d'habitude
(パリ・東京行ったり来たり)ブログ
(http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/)
から派生したオマケblog。
「つぶやき」や「気になるbelle et bonne」
を気ままにアップ☆

Comme d'habitudeブログへのコメントもこちらへ
気楽にお願いします♡

*********

2014年よりMy Litttle Boxの
アンバサダーに☆

*********

2013年6月〜2013年9月のBelle et Bonne
は、こちら
⇒ http://belleetbonneparismadame.blogspot.jp/

最新コメント

最新記事

リンク

検索フォーム

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


月別アーカイブ

QRコード

QR