03
26
27
28
29
30
31
   

ネーム入りビアグラス☆

3月22日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
ルブタンのミュールで0.5マイル♡

春は足下も軽やかに♬

IMG_1663.jpg

***********

年々美味しく飲めるようになってきたビール☆

そんな私にRちゃんが陶器のビアグラスをプレゼントしてくれました。

IMG_1660_2_20170321095837c69.jpg

と言う訳で帰国後、自宅では連日ビール♬

IMG_1661_201703210958422b2.jpg

しかもネーム入り(●^o^●)

IMG_1662.jpg

更に夫とペアグラス(夫のネーム入り)。

Rちゃん、ムチャス グラスィアス♥︎
また一緒にスペインに行ったらバルセロナビールで乾杯したいッ!


スポンサーサイト

泡ヌーボー

12月21日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
マルシェに行こう、お肉編

マルシェの野菜はやっぱり美味しい♬

DSCN1426_201612200931351a2.jpg

************

今年もほとんどスルーしてしまったボージョレ・ヌーボー。
気がつけば1ヶ月程前が解禁日だった…なんて思っていたら、ご近所のWさんが「ケース買いしたヌーボーが余ってて、、良かったら1本飲んでみて!」と☆

IMG_1659_2.jpg

それは発泡系ボージョレ。
熟成させないボージョレ・ヌーボーは遅くとも年内には飲みきった方が良いと言われるので、いただいてすぐに飲みました。

IMG_1660_2.jpg

飲みやすく軽いボージョレ、しかも泡泡。
甘めで、女性はきっと好き♡

DSCN5785_20161220093136c28.jpg

蕪と牡蠣たっぷりのグラタンと一緒にいただきました(●^o^●)




ボルドー色

本日2度目の更新☆

髪色チェンジ。

IMG_1188.jpg

K「秋なのでカーキとちょっとボルドー色を髪にも入れてもらった♬わかる〜?」

夫「わからない」

IMG_1184.jpg

K「ほらほら、こことか。ツヤ感ボルドー、わかる〜?」

夫「わからない」

光りのあたり方によっては全然わからないようです。
写真にも実際の色味はうまく写らないし…。

DSCN1410.jpg

髪色ボルドー、気分はボルドー!
と言う訳で、Ch. de Reignac (シャトー・ドゥ・レイニャック)の“Balthus”(バルテュス)2005を抜栓。

DSCN1409.jpg

私の場合、秋はボルドーワインがいっそう美味しく感じる季節。
メルロー100%♥︎
抜栓してから徐々に開いて美味しくなるというよりは、最初から開けっぴろげな美味しさ。
ふくよかな女性のイメージ。
久しぶりのボルドーワイン、とても美味しかったです。


Villa d'Este(ヴィラ・デステ)

本日2度目の更新☆

昔、Rちゃんと旅行したのはイタリアはミラノの北にある高級リゾートホテルVilla d'Este(ヴィラ・デステ)☆
の近く…。

home_2015_01.jpg

小娘でしたから、そんな高級ホテルには気楽に宿泊はできませんでした…。
だって1泊10万円くらいするんだもーん(>_<)
なので、庭園散歩とそのお庭に面したホテルのカフェテラスでティータイムだけ楽しみました。

Este_1.jpg

ヴィラ・デステは、元々は名門エステ家の別荘につくられたもの。
4.5haの広大な敷地を有する邸宅で、同国一美しいといわれる後期ルネサンス期の噴水庭園があります。
16世紀半ばにエステ家出身の枢機卿イッポーリト2世デステは、ローマ教皇の座をめぐる争いに破れチボリに隠遁し、ベネディクト会の修道院だった建物を住まいとして、その周囲に広大な庭園を建設。
建設は彼の死後も続けられ17世紀に完成。
第二次世界大戦で戦災を受けたものの戦後再建・整備され、公園は開放され、世界遺産(文化遺産)に登録されています。

hotel_0002.jpg

スイス国境近くで空気が綺麗!
コモ湖湖畔にあるこのリゾートホテルにはいつか泊まってみたい…♡
と思っていたら、ここでしか飲めないというスプマンテをなぜか夫が買っていた。。

IMG_1121_2.jpg

Villa d'Este Special Reserve Brut 2011(ヴィラ・デステ・スペシャル・リザーヴ・ブリュット)

K「ヴィラ・デステの…って、これスゴイ高いでしょ?」

夫「それが驚きのプライス。3000円くらい☆」

K「うっそ、ケース買いして〜!」

夫「売れ切れです…」

IMG_1122_2.jpg

残念…!と思いながら、揚げたてワカサギ稚魚のフリットをつまみにグイグイいただきした。




リースリング☆

本日2度目の更新☆

パリに暮らすまで赤ワインはほとんど飲めませんでした。
飲んでもグラス1杯弱が限界。
それまで飲めたのはイタリアの白ワインだけ。

なのでパリに来てからも、最初はしばらくずっと白ワインばかりでした。
そこで最初に好きになったフランスの白ワインは、アルザスのリースリング☆

Bergheim_Altenberg.jpg

旅先のアルザスで飲んだら美味しくて、The茶畑な感じのワイン畑にも感激でした。

リースリングの香りはフルーティーで、とっつきやすいワインだと思う。
苦手だという人は、オイルやエタノールっぽい香りを拾うからかな〜。
それもリースリングの特徴の一つだし、私の場合は昔からマニキュアの除光液で慣れた香り、嫌いじゃないので全く抵抗ないけど。

IMG_1859_2.jpg

なのでリースリングは自宅に常備☆
最近のお手頃お気に入りリースリングが、このBatterieberg Steffensberg Riesling 2011 (バッテリーベルク・ステファンベルク・リースリング)。

甘っぽい優しい香りなのですが、飲むとやや辛口、ミネラルたっぷり!
和食、洋食、どちらにも合いそうな印象。
これ、意外なところではホワイトチョコ、ナッツチョコ、レーズンチョコとの相性も良いと言われてます。

IMG_1863_2.jpg

エチケットも可愛い。

K「やっぱりアルザスのリースリングは美味しいね。好きだな♡」

夫「これ、ドイツワインだけど…」

K「え…。」

こんな日常の些細な思い込み勘違いは茶飯事。
本人は幸せ…。







日常的に気楽

レッド・カー

昨晩は自宅でサラダセロリを添えたローストビーフをウニ醤油ソースで。

IMG_1797.jpg

「ワインは適当にテーブルワインコーナーから選んでいいよ。」
と、夫が言うので私が選ぶことに♬
初めてのお使いのノリ、ガキの使い気分でのワイン選びは結構楽しい。

IMG_1791_2.jpg

決めた!
これこれ、前に飲んだ時に美味しかった“Red Car”(レッド・カー)というカリフォルニア・ソノマのワイナリーの“Trolley Pinot Noir ”(トロリー ピノ・ノワール)。

IMG_1792_2.jpg

ワイナリーの名は1960年代初頭からロサンゼルス市内を走った思い出の電気トロリー「レッド・カー」から名付けられたのだそう。
ノスタルジックでロマンチックな記憶を蘇らせ当時の人々のエネルギーを感じさせると。

IMG_1793_2.jpg

色が綺麗☆
スッキリ、サラリと酸がエレガントで美味しいので、酸味好きの私には一人で1本イケる系ワイン♡

K「やっぱりこのワイン好きだな〜。でもこれが最後の1本とは残念…」

夫「そう言うと思ったら買っときました。そこの箱開けて。」

IMG_1853_2.jpg

と言われた箱の中から4本レッド・カーが出てきてびっくり(@_@;)

夫のヘンなところでの勘が良さ、行動力の早さには驚く。。
そしてなんでもストック魔。。


スペインにする?!

本日2度目の更新☆

せっかくの3連休だったのにあいにくの天気。
この連休中、我が家では晩秋のパリから行くちょこっと旅行の作戦会議でした。

DSCN3592.jpg

イタリアは最有力候補ですが、いきたい都市が多くてなかなか決められない。
昔行った所で良かったところにまた行く?とアルバムも引っぱり出して。

DSCN3596_20160921085022d09.jpg

久しぶりにスペイン・マラガもいいんじゃないの?

DSCN3597.jpg

クリスマスから年末年始にかけて訪れたのですが、真冬でも街は花に溢れ、白い街は歩いているだけでとても気持ちが良かった♬

キラキラの太陽と青空は爽快で、こんなに明るく照らされ続けてここに暮らしたら人生に悩み無用かも!?と思ったり。
とにかく明るい。

px5AoRjcsJ7BbYB1474415200_1474415300.png

そして、浜辺で食べたパエリアが超絶な美味しさ(●^o^●)

IMG_1864_2.jpg

そんなあれこを思い出したからコレ!とスペインワインを抜栓。
Benjamin Rothschild & Vega Sicilia(ベンジャミン・ロートシルト&ボデガス・ベガ・シシリア)のMacan(マカン) 2009★
(湿度でエチケットがフニャフニャ…)

IMG_1866_2.jpg

フランスの有名ボルドーワイン「ラフィット」の最大株主で、南アフリカなどにもワイナリーを所有する、ベンジャミン・ロートシルトとスペイン・ワイン「ウニコ」の「ベガ・シシリア」の二つがタッグを組んで造ったワイン。

スパイシーでパワフルにセクシーな味わいのワインでした。
連想できるのはやっぱりラテン系美女。
こういうワインは飲み疲れてしまうことがあるのですが、このワインはそんなことはなく、パンチが効いてるのに疲れない美味しいものでした。

と言う訳で秋の旅行はスペインに決まりと思いきや、やっぱりイタリア?東欧?ともう少しだけ検討です。




テイスティンググラス

本日2度目の更新☆

同じワインでも、お酒でもグラスが違うと味や香りの感じられ方がだいぶ変わるもの。

DSCN3189.jpg

先日の初体験は、こんな形のテイスティンググラス☆

DSCN3190.jpg

飲み口が鼻の形に縁取られていて飲む時にすっぽりと鼻がカバーされ、香りを外に逃さない。
確かに香りはしっかりキャッチできる。。
でも、ちょっと絵的に笑えた。
酸素吸入、手術中?!

恵比寿ワインマーケットパーティー

本日2度目の更新☆

生クリームにオリーブオイル、ドライハーブで簡単ソース作り。

IMG_1698_2.jpg

そのソースを茹で上がった熱々のラビオリにかけて完成☆

IMG_1723_2.jpg

K「サルシッチャのラビオリでございます!」

夫「旨そう♬作ったの?」

K「結構ハーブも効いてて美味しいサルシッチャだよ★」

夫「で、作ったの?」

野暮な質問だわー。
恵比寿にあるワインマーケットパーティーで買いました…。
冷凍で売ってます。

IMG_1696_2.jpg

このラビオリに合わせて一緒に買ったのがニュージランドワイン“BIRD BIG BARREL PINOT NOIR 2011”(バード・ビッグ・バレル・ピノ・ノワール)

スティーブ・バードは,NZのモートン・ヴィンヤードやヴィラ・マリアなどでワインメーカーをしていたスティーブによって設立されたワイナリー。
彼の造ったワインはワインスペクテイターでTOP100にも選ばれるほどの腕前。
フレッシュさを楽しむ事が多いNZのワインの中で、2011年はもう見つける事が出来ない希少なワイン!
なめし革や紅茶のような品のある香りに、ベリー系の熟度の高い凝縮感とこなれたタンニンが素晴らしい!
日系航空会社ラウンジにも採用!

という説明を読んで選んだ1本。

IMG_1697_2.jpg

色もとても綺麗で、グラスを持つと確かにベリー系香りがポンポン香ってきました。
美味しい!
それでいてお値段は2,000円ちょっと。
このお値段でこの美味しさ。
こういうワインに出逢えるとラッキー♬


<info>
ワインマーケットパーティー
東京都渋谷区恵比寿4丁目20−7 恵比寿三越
03-5424-2580
http://www.partywine.com/



********************

MLBKEICO.jpg

My Little Box(マイリトルボックス)お申し込みはこちらから

http://www.mylittlebox.jp/subscription/presentatio





ローストビーフ「紋次郎」

本日3度目の更新☆

昨日セカンドハウスへ向かう途中の小田原厚木道路から富士山がちょっと見えました☆

HFWPDsfPzDdDR981472688858_1472688977.png

冬はこの道路からも富士山はくっきりに見えますが、夏はなかなか見えないので、ほんのり見えただけでラッキー♬

じゃ、富士山も見えたし道草してく?!
と言う訳で、行ってきました、買ってきました!(^^)!

DSCN2910.jpg

それは、箱根・相原精肉店の「ローストビーフ」。
コメントでYuriさんにこのお店を教えていただいて以来、すっかり大ファン。
機会があれば評判のローストビーフを食べてみてますが、総合点的にNo.1は、この相原精肉店のローストビーフ「紋次郎」☆

DSCN2911.jpg

いけない!ソースを忘れるところでした。
(ソース無しでも十分美味しいけど…)

そしてどうしても夫がオニオンリングが食べたいと言うので、、サイドにオニオンリングとアンディーブと胡桃のマスタード風味のサラダを添えて。

DSCN2907.jpg

ワインは久しぶりのブルゴーニュ。
Dominique Laurent(ドミニク・ローラン)の Clos de la Roche 2005(クロ・ド・ラ・ロッシュ)。



<info>
相原精肉店
神奈川県足柄下郡 箱根町仙石原226
0460-84-8429
http://homepage2.nifty.com/nikuno-aihara/


プロフィール

Madame KEICO

Author:Madame KEICO
10月生まれ蠍座 O型

新潟県の旅館に生まれるも
女将にならず、上京、進学、
就職、結婚♥

約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ1区と東京白金の往復生活中☆

こちらのブログはフィガロ・ジャポンHP掲載中の
Comme d'habitude
(パリ・東京行ったり来たり)ブログ
(http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/)
から派生したオマケblog。
「つぶやき」や「気になるbelle et bonne」
を気ままにアップ☆

Comme d'habitudeブログへのコメントもこちらへ
気楽にお願いします♡

*********

2014年よりMy Litttle Boxの
アンバサダーに☆

*********

2013年6月〜2013年9月のBelle et Bonne
は、こちら
⇒ http://belleetbonneparismadame.blogspot.jp/

最新コメント

最新記事

リンク

検索フォーム

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2017年03月 | 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


月別アーカイブ

QRコード

QR