FC2ブログ
   
05
27
28
29
30
31
   

ANAラウンジ

5月21日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、

快適な空旅☆SWISS

コメント等はこのブログへお願いします(*^^)

*******

成田空港から飛び立つのは何年ぶりだろう…?

とても久しぶりだったこともあり、こんなに広かったっけ?!な気がしました。

そして今回はSWISSを利用ということで出発前のラウンジはANAラウンジ☆

日本酒カウンターもある〜。

とは言え機内は酔いもまわりやすいせいか、グイグイ飲んでる人はいない。

IMG_5544.jpg

軽食を取りに行った夫がなかなか戻ってこないな〜と思っていたら「Line♬」。

fullsizeoutput_20bd.jpg

作りたてをいただける麺コーナー。

男性には人気の様子。

IMG_5545_20190520160457d6d.jpg

そんな蕎麦を食べた後、戻ってきた手には「ソース焼きそば」…。

K「・・・。」(絶句)

IMG_5541_201905201604576d1.jpg

スターウォーズデザインのANA機に別れを告げて元気に出発したのでした。

ZygkwdgQTbWq7hR5hMm6YA.jpg



スポンサーサイト

確認は大事!?

5月12日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、

トリコとボングゥ☆

コメント等はこのブログへお願いします(*^^)

*********

久しぶりにHくんと夫と3人ディナー。

ちょっと早めにレストランへ行き、メニューを見ながら飲むワインを検討。

IMG_5224_20190511092417915.jpg

ただHくんがお酒を飲まないので我々夫婦で飲むとなるとそれほど銘柄にもこだわらず、しかもそれぞれオーダー予定の料理が違うので手頃なスプマンテを1本いただくことに。

<白アスパラのスープ、ホタテ&キャビア添え>
fullsizeoutput_204f.jpg

テーブル近くにいたサービスの方にリストを指差しながら

「3つめの、このノン・ドサージュのをお願いします」(夫)

お願いしたその1本はすぐに運ばれていました。

「〇〇でござます」

と、いつものようにお店の方がボトルを見せ抜栓。

テイスティングをした夫は思わず「うまっ!」と感激。

超ドライな辛口美味スプマンテで、どんな料理にも合いそうなその味に私も満足しながらの食事がスタートしました。

<春キャベツのペペロンチーノ>
IMG_5230.jpg

Hくんとは数年ぶりだったこともあり話がすっかり盛り上がり、料理写真は半分止まりとなってしまったこの夜はあっという間に時間が過ぎました。

いつものように会計は夫が済ませ、帰宅して夫に渡されたレシート見て「えっ??」。

K「今日の会計はちょっと高い気がする。これっておかしくない?」

夫「明細あるなら上から読んでみて」

K「コース料理かける3人、水1本、Hくんのソフトドリンク、スプマンテが3万円!?」

夫「なるほど!あのスプマンテは美味いはずだな。ハハハ」

K「ハハハじゃないよっ!3万の頼んだの??」

夫「頼んでない。頼んだのは1万ちょっとのやつ。」

K「・・・。」

夫「まー、でもあの1本は美味かったし、3万のものを飲んだなら仕方ない。こっちもテイスティングで確認しなかったのが悪い。」

K「確かに飲みきった今から言うのもなんだな。でもさ、特に今日みたいな接待ディナーでワインのテイスティング時にエチケットをまじまじと覗きこんで確認なんてできないよね。今日に限らず例えば同じ銘柄でもヴィンテージが違うだけで値段も違ってきて、それを早口小声で何年と言われても、頼んだのは2003じゃなくて2005です、なんてなかなか気づけないでしょ。そもそもこっちはオーダーしたものが出てくると信じてるから聞き流しがち。」

夫「まーね」

K「でももしこれを故意にやられたなら気分悪いし、実際何を飲んだのか知りたいからやっぱりお店に確認する!」

<ポークカツレツ>
IMG_5229.jpg

と言うのもパリはじめ観光都市のレストランで時々あるトラブルがオーダーしたものを違う高価なワイン代が請求されること。

これまで私たちは未経験ですが、何人かの友人たちは飲んだワインと違う高級ワイン代を請求されたとことがあります。

いずれもサイン前に気がつき事なきを得てますが、夫の場合はレストランでもショッピングでもお値段を確認しないのが悪い癖…。

この出来事で珍しく私が叱ってみた次第。

<付け合わせの丸ごと玉ねぎローストは絶品だった!>
IMG_5228.jpg

で、お店に電話。

横文字記憶力に長ける夫が電話口で、

「ワインリスト〇ページ目の上から3本めもので、確か〇〇と言うスプマンテをお願いしたのですが、出してもらったワインが違ってたんですかね?こちらもテイスティングで気がつかず申し訳なかったけど、どれを空けてもらったのかな?」

「お出ししたのは〇ページの一番上にリスティングされている〇〇という28,000円のものです」

隣りで聞き耳を立てていたケーコは隣りで思わず、まじか?!

全然ページが違うじゃないか…と驚きつつオーダーの取り間違いも、適当テイスティングもお互い様と思った瞬間、お店の方がすぐに、

「こちらのミスですので差額をお支払いただいたカードに返金します」と。

<パンナコッタのレモンシャーベットがけ>
IMG_5231.jpg

今回はそんなお店のマネージャーの対応に感謝。

ただ、教訓としては今後はもっとちゃんとオーダーしたワインの確認はすべしということ。

そして繰り返しになりますが、レストランではこの手のトラブルもあったりするので支払いには気をつけないと!とは思います。

夫「それは秘書の君の仕事だから」

K「え・・・」



素敵な二人♡

5月11日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、

ユニークな美味ワインとのマリアージュ☆

コメント等はこのブログへお願いします(*^^)

*********

それぞれとても魅力な人が二人揃うと2倍以上に素敵に見える、お互い更に輝く…。

K「そんなカップルや夫婦に憧れるよね〜!」(雑誌のクルーニー夫妻を見ながら)

IMG_4111 copy

J「俺、既にジョージ♬」

K「はっ???」

J「問題は君がアマルになれるかってことだな」

K「いやいや全然ジョージじゃないし。それにアマルになるって、、よくそんな無理難題を口にできるよね…恐れ多過ぎ。」

IMG_5470 copy

いつものように夫の発言に呆れつつも、アマルさんのファッションセンスも好きで見入っているクルーニー夫妻のショットですが、実は今年の秋に夫と共に幾つかのパーティー、レセプションに出席予定の為に二人のコーデをほんの少し、配色や小物使いだけでもヒントにしたいとチェックしております。

IMG_4686 copy

二人のバランスの良いコーデには見惚れるばかり☆



フランスウィーク@伊勢丹新宿2019

4月11日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
ボンジュール フランス☆オープニングソワレ
コメント等はこのブログへお願いします(*^^)

*********

今年もやってきた「伊勢丹新宿店でのフランスウィーク・フランス展」。

期間はPart1が4月10日(水)〜4月15日(月)、Part2が4月17日(水)〜4月21日(土)と約2週間!

fullsizeoutput_1e5c.jpg

「ONCLE HANS」
1768年創業のアルザスの老舗焼菓子工房フォルトヴァンゲル社が丁寧に焼き上げた優しくて素朴な味わいのクッキーを、19世紀から20世紀初頭の、フランス北東部アルザス地方の風景や子供たちの生活の様子などを生き生きと描いた水彩画家、オンクル・アンシ(=アンシおじさん)の可愛らしいイラストを施した缶に。

brand-img_oncle-hansi.jpg

「PUYRICARD」
1967年に誕生した家族経営の企業で、 すべての商品をフランスの南部エクス=アン=プロヴァンスに唯一あるアトリエにて、一つひとつていねいに作られるチョコレート。
創業時より、化学調味料、保存料、合成添加物を加えない選び抜かれた素材だけを使用。

brand-img_puyricard.jpg

などなど今年もフランスの美味しいもの、素敵なものが伊勢丹新宿店に集まってま〜す。

伊勢丹でのフランスウィークはじめ、ボンジュールフランスのイベントガイドについて詳しくは特設サイトを!

https://bonjourfranceccifj.com/ja/isetan-tokyo-shinjuku/



目黒川のお花見

4月5日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
Aux Bacchanalesでデジュネ☆
コメント等はこのブログへお願いします(*^^)

*********

桜満開@東京!

ということで、天気も良いのでお花見は数年ぶりにJさんと一緒に目黒川へ。

kd1Asgh9TWKJ0MW34MHZ3g.jpg

十数年前とはすっかり様子が変わり桜名所として大人気スポット。

かなりの混雑を覚悟して出かけましたが、平日だったので予想よりは歩きやすく、お花見できました。

fullsizeoutput_1e0f.jpg

とは言えそれぞれの橋の上はすごい人で交通整備も大変な様子。

数年前と比べと、いろんな言語が聞こえてきて外国人の方もかなり増えた印象です。

fullsizeoutput_1e11.jpg

宴会禁止なのでみんな屋台で買ったものを手にお散歩お花見。

中でも一番人気、目黒川のお花見といえば!な定着感のある苺入りロゼシャンパン。

多くの女子たちが映え〜な1枚を狙ってスマホを構えていました。

wshFn25dQjqgoltSbcvnTQ.jpg

が、私たちの狙いはまずはコレ!?

IMG_4450.jpg

たこ焼き食べるの何年ぶり?

思い出せないほど久しぶりの屋台の作りたてたこ焼きは熱々で大ダコ入りでした。

IMG_4451.jpg

と、私がたこ焼きを買って戻るとJ子の姿が見えない!

この人混みではぐれたかも?!とキョロキョロしてると、

J「これも買ってきた〜♬」

K「ええっ!」

J「ネギマヨオムソバ♡」

K「見たまんまな…」

J「食べれるとこまで食べよう♬」

J&K「うっま♡」

と言って二人で食べたネギマヨオムソバは、焼きそばがベチャベチャではなく硬めで想像以上の旨さ。

桜を見ながらの楽しいお祭り気分の中で食べていたら二人で余裕の完食。。

IMG_4452.jpg

食後はこれにしよう!

IMG_4443.jpg

ブランデー&マシュマロ入りのホットチョコレートで体も温まりました。

IMG_4446.jpg

満開の桜をおもいきり満喫☆


夜桜

4月2日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
パリ1区☆La Poule au Pot(ラ・プール・オ・ポ)
コメント等はこのブログへお願いします(*^^)

*********

お花見の季節、夜は結構寒い。

なので帰宅前のお散歩程度で、シートを敷いて食事もしっかり楽しむほどの夜桜見物はここ何年もしていません。

が、先週末はセカンドハウスから足をちょっと伸ばしてライトアップされた公園へ。

9Eve_QYQSRW9qlsjQQCXPQ.jpg

うわっ、綺麗!!

昼間の桜とはまた全然違った幽玄な美しさの夜桜に寒さも忘れて見惚れました。

fullsizeoutput_1de1.jpg

すっかり体が冷えてしまい屋台で買ったのは映えるホットワインではなく、具沢山クラムチャウダーや

fullsizeoutput_1de3.jpg

揚げたてカニクリームコロッケなど。

(この後、ラーメンや串揚げも追加…)

IMG_4422.jpg

夜桜を見ながらいただいたこともあり、なんだかとても楽しくて美味しかった☆



お雛様と栃尾手まり

3月4日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
リニューアルしたモノプリ・シャンゼリゼ☆」。

コメント等はこのブログへお願いします(*^^)

**********

何年か前に飾って以来もうずっと出していない実家の私のお雛様。

私の時代は七段飾りが人気でしたし、祖母が張り切って買ったというそこそこいいものなので姪たちに引き継いで欲しかったのですが、弟夫婦に話すと飾るのに場所を取ることや飾り付けも大変なことから拒否され、お内裏様だけのものを購入していました。

今はコンパクトなものの方が主流みたいですね〜。

fullsizeoutput_1c65.jpg

ところで新潟は吊るし飾りも地域によって色々です。

fullsizeoutput_1c66.jpg

実家で吊るしたり、ガラスケースに入れて大事にしていたのは、新潟工芸の一つ「栃尾手まり」。

最近は栃尾は「油揚げ」で知られるようになりましたが元々は養蚕や機織りが盛んだった地域。
そこで残り糸を利用しておばあちゃん、お母さんの手により子供や孫たちのおもちゃとして作られてきたもの。

「遊び玉」と節句などに子供の健やかな成長を祈って飾る「飾り玉」があります。

柄も色々あり、それにはそれぞれ意味や願いが込められています。

4NPplhHjR8CmC25h9zmMyg.jpg

基本的には女の子へ送られるもの。
女の子は大きくなると嫁いでいきます。
その昔、嫁げばその子の運命は嫁ぎ先に全て託され、親はどうすることもできませんした。
そんな子供の生涯の幸福を祈る親心を込めて送るとされる手作り「栃尾手まり」です。



おもしろドイツ語表現

12月20日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
シュトーレンとのマリアージュ☆」。

コメント等はこのブログへお願いします(*^^)

stollen-3 copy

来年は作ってみようか?とレシピを調べてみた。

やっぱり何かと忙しいこの時期に無理だな…。

************

東京のパトロールエリアにあるドイツ大使館。

広い敷地に構えた大使館ですが、只今その壁に使える今どきドイツ語表現をイラスト付きで解説。

wxdiTV7oSg64gREfpb1FBg.jpg

これはイイ!

と言うのも、今シーズンもスキー合宿本番はオーストリア遠征を予定してますが、宿泊先ホテルのお客さんは7割はドイツ人、ドイツ語圏の方で占められ、ホテル内での朝晩の挨拶等もドイツ語です。

よーし、いくつか覚えてみよう♬

ZUzKgk6pQcG9coYeKs2ZZw.jpg

「シュメッターリンゲ イム バオホ」
直訳すると「お腹の中に蝶がいる」ですが、意味は恋をしてウキウキ、ふわふわな気持ち。

XaGEedcvSi_jVFPmQJQa_Q.jpg

「ベーレンフンガー」
直訳は「熊の空腹」で、ものすごいお腹が空いてること。

OqqOweEQwGt0yx3Kw9FMw.jpg

「ヒュフトゴルト」
直訳は「腰まわりの金」で、美味しいものをたくさん食べた勲章。
クリスマス、正月太りにぴったりな表現。

hpuRu_AsQ0eumNa7MXUEg.jpg

「ザウクール」
直訳は、「豚クール」。ザウは豚、クールは英語のcool。
以前は「豚」はネガティブなニュアンスで使われていたそうですが、最近はポジティブにも使用するそう。
日本語の「ヤバイ」に似た使い方でいいらしい。

ZwY1fhmYSuOABBRmJZiDKg.jpg

それにしてもドイツ語は難しい…。
音としても全く覚えられない。


ビズの回数

9月11日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
パリ2区☆François Pralusのカカオティー☆」。

コメント等はこのブログへお願いします(*^^)

IMG_7915.jpg

François Pralusと言えば、このカラフルなショッパー☆

************

先日ネットサーフィンをしながら知った、フランスのご挨拶ビズ(キス)の回数の地方差。

パリじゃ右、左の頬にチュっ、チュっと1回ずつで計2回。

それがフランス全国共通だと思ってたけれど違うらしい。

fullsizeoutput_1261.jpg

レッド1回
オレンジ2回
パープル3回
ブルー4回

そう言えば、以前あるブルゴーニュのワイナリーを訪れた際にワイナリーオーナーがチュっ、チュっ、チュっと3回。

2回目で頬を離しかけた私に、

M「待って、もう1回。ここじゃビズは3回なんだよ!」

K「本当に??」

M「なんてうっそー。素敵なマダムには3回するのがマイルール♬」

そんなリップサービス全開のただの女好きオヤジ、もとい、陽気なラテンのりのムッシュを思い出しました。

あの時買ったワイン、そろそろ飲み頃かな♡


夏の星座にぶら下がって♬

8月9日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
パリ3区☆Cafe Charlotでサーモンバーガー」。

コメント等はこのブログへお願いします(*^^)

IMG_7886.jpg

スペキュロスは毎度自分用お土産のひとつ☆

*********

先週末、すっかり夏の恒例行事化してきたDr.Wさん企画の船の上から花火鑑賞@熱海に今年もお招きいただきました。

IMG_8834.jpg

台風13号接近につき、風は強めで波も高く、漆黒の海を進むうちに船首にいた私たちは波をかぶりまくり。

船酔いしない体質なので遊園地のアトラクション気分で楽しみました♬

IMG_8873.jpg

定刻通りに打ち上がった花火は迫力満点。

IMG_8874.jpg

目が慣れると夏空の星も見えてきた。

となれば、頭の中に流れてくるのは!

IMG_8871.jpg

夏の星座にぶらさがって、
上から花火を見下ろして〜〜♬
こんなに好きなんですっ!
しかたな〜いんです♬
夏の星座にぶらさがって上から花火を見下ろして
涙を落として火を消した〜♬

IMG_8872.jpg

aikoさんの「花火」を脳内熱唱しながら夏の夜空に咲いた大輪の花火をおもいきり楽しみました☆






プロフィール

Madame KEICO

Author:Madame KEICO
10月生まれ蠍座 O型

新潟県の旅館に生まれるも
女将にならず、上京、進学、
就職、結婚♥

約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ8区と東京都港区を行ったり来たりな生活中☆

こちらのブログはフィガロ・ジャポンHP掲載中の
Comme d'habitude
(パリ・東京行ったり来たり)ブログ
(http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/)
から派生したオマケblog。
「つぶやき」や「気になるbelle et bonne」
を気ままにアップ☆

Comme d'habitudeブログへのコメントもこちらへ
気楽にお願いします♡

*********

2014年よりパリ発のサプライズBox・
My Litttle Boxのアンバサダーに☆

My Little Paris発のパリのお薦め
スポット等も随時ご紹介。


*********

2013年6月〜2013年9月の
Belle et Bonneは、こちら
⇒ http://
belleetbonneparismadame.
blogspot.jp/

最新コメント

最新記事

リンク

検索フォーム

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2019年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


月別アーカイブ

QRコード

QR