04
28
29
30
   

ロミオとジュリエット♬

11月21日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
ヴィトンのFondation Louis Vuitton

お土産コーナーも人気☆

DSCN5174.jpg

*************

夫「フィルハーモニー・ド・パリで“ロミオとジュリエット”、やるって♬」

K「タンタ、タンタ、タンタ、タンタ、タンタ、タンタ、タンタ♬ タタタ、ターターン♬ あの曲、好きなんだよね〜。」

と言う訳で今シーズン楽しみにしていたオーケストラ鑑賞でPhilharmonie de Paris(フィルハーモニー・ド・パリ)へ。

DSCN5223.jpg

前半は、Benjamin Britten(ベンジャミン・ブリテン)のオペラ“Peter Grimes”(ピーター・グライムス)から抜粋された『4つの海の間奏曲』。

夫も忙しく、私もバタバタしていたのでお互い全く予習無し。

夫「歌、英語だったよね?」

K「英語のオペラって聴いたことあった?」
と、プログラムを確認すると

DSCN5219_201611201023527dc.jpg

Edward Benjamin Britten(エドワード・ベンジャミン・ブリテン)はイギリスの作曲家、ピアニストで指揮者。しかも男爵。

現代っぽい音楽だったと思ったので生年月日を確認すると1913年11月22日(1976年12月4日 63歳没)。
今回知った作曲家で、初めて聴く音楽でしたが、ホルンが主役というユニークなもので退屈しませんでした。

DSCN5222.jpg

テノール・Mark Padmoreさん、ホルン・Benoit de Barsony。


そして休憩の後は、楽しみにしていた「ロミオとジュリエット」♬
有名なあの部分は演奏されるはず!と期待して耳を傾ける。

DSCN5225.jpg
指揮者 Daniel Harding。

あれ…これで終わり?!
期待していたタンタ、タンタ、タンタの部分はなく、しかもなんだか唐突に終わってしまった感じ…。

K「私達が好きなあの曲って作曲だれ?」

夫「プロコフィエフ。」

K「今日のは誰?」

夫「ベルリオーズ。」

K「違うじゃない…!!私の好きなのと別物!」

夫「オレは、さっきの休憩でプログラムを見た時に気がついた。」

K「早く言ってよ…」

夫「言ったらすぐ寝ると思って。」

K「・・・。」



私が好きなのはコレです、セルゲイ・プロコフィエフが作曲したバレエ音楽の「ロミオとジュリエット」の「モンターギュー家とキャピュレット家」。。


<info>
Philharmonie de Paris(フィルハーモニー・ド・パリ)
Cité, 221 Avenue Jean Jaurès, 75019 Paris
http://philharmoniedeparis.fr/fr


スポンサーサイト

5SOS

本日2度目の更新☆

数年前、パリの自宅でMTVから流れたきたノリのいい曲。
それはオーストラリア出身のポップ・ロックバンド“5 Seconds of Summer”(ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー)

ちょっと垢抜けない、ダサかわいいボーイズバンドだな、と。
高校時代の文化祭を思い出させるような初々しさも良く、すっかり?ファイヴ・ソス(5SOS)ファン。

DSCN3643_20160927200122701.jpg

この夏のドライブでも一番聴いたCDです。

そして昨日からの棚卸し衣替え作業のBGMに。

You look so perfect standing there
in my American Apparel underwear♬
(オレのアメリカン・アパレルのパンツ穿いて、そこに立ってるだけでオマエはパーフェクトだぜ〜)

な〜んて歌ってるわけです。

裸族な私もおパンツいっちょでウロウロしてるけど、夫からはそんなこと言われことないしー。
夫「頼むからなんか羽織って!」

DSCN3644.jpg

若さ弾ける明るいノリノリの曲のお陰で作業もはかどる、はかどる♬
いつもより断捨離できた気がする!?

と言う訳で、棚卸し衣替え終了☆
Yay!!



イランの音楽


本日3度目の更新☆

イランに暮らすKさんが一時帰国中で、彼がイランの楽器と演奏を披露してくださることに♬

いくつかの弦楽器、打楽器を紹介&演奏してくれたのですが、中でも「タンブール」という3本弦の楽器の音色が個人的には一番好きでした♡

IMG_1467.jpg

その音楽は日本人としてはあまり馴染みのない5拍子、7拍子のリズムなのですが、その音色はなんとも耳心地よく、どこか懐かしい望郷、未だ見ぬ世界への憧憬のような気持ちになる魅惑的な音楽でした。

ただこういった演奏を日本で披露するのはとても難しいことなのだそう。
というのも、日本は湿度高く、楽器のコンディションも変わり、本来の乾いた土地イランで奏でられる音とは微妙に違ってしまうのだそう。

IMG_1468.jpg

一般的にはイラン国民は日本を尊敬の気持ちで見ていることが多く、日本人のように礼儀正しく!と言われることも多いのだそう。
そんな風に思われているのはやはり嬉しい。





********************

MLBKEICO.jpg

My Little Box(マイリトルボックス)お申し込みはこちらから

http://www.mylittlebox.jp/subscription/presentatio


渋谷でメタル

5月15日のComme d′habitudeは
「ヴァカンツァ気分でメログラーノ☆」
http://www.madamefigaro-wlp.jp/75013/archives/-melograno.html


すっかり人気のメログラーノ自家製パン★

DSCN1456_2016051414340844d.jpg

***おまけのトーキョー***

突然ですが縁あって、渋谷へメタルバンドのライブに行ってきました。
それは、カナダのハードコアバンドProtest The Hero(プロテスト・ザ・ヒーロー)の来日ライブ。

IMG_1066_2.jpg

チケットは早々に完売だそうですが、なんたってこれまでの私の人生でメタル音楽ってちゃんと聴いたことはなく、全くなんの知識もございません…。

IMG_1065_2.jpg

終始スタンディングで、大音響の中ヘッドバンギングはたぶん無理。
絶対ムチウチになる(>_<)
病院送りよーーー。

IMG_1067.jpg

だから無理しない。
という訳で、出かけたもののステージ脇のガラス越しの関係者スペースからこっそり鑑賞させていただきました。

Protest The Heroが登場するまでに、アメリカ、イギリス、日本の3つのバンドが前座をつとめました。
個人的には、メインのProtest The Heroの音楽よりは、前座の3バンドがそれぞれ違った個性があって面白かった!!

IMG_1061_2.jpg

ちなみそのバンドとは、UKバンド“Sithu Aye”、USAバンド“Reflections”

IMG_1063_2.jpg

そしてJPNバンド“Cyclamen”。

ジャンル的には「プログレッシヴ・メタル」というのだそうですが、とにかく私には全て初体験。
ステージのバンドメンバーはもちろん、オーディエンスたち頭フリフリ、ノリノリ。
が、気がつけば私も軽〜〜くヘッドバンギング?

やべ〜だんだん気持ちよくなってきた状態?!

E5597898-67DB-40D2-BD80-B62DD5C2EC99.jpg

シャウトにつぐシャウトで歌詞はまったくわからない。
でもこれも自己表現の一つというか、そのシャウトぶりが気持ちよさげにも、苦しげにも見えて。。

現代社会で暮らしていれば言いたい事ややりたいことを我慢することはあるし、怒りを押さえることも当然ある。
そのへんのモヤモヤを彼らの音楽はとっぱらってくれるような感じもして、集まった若者たちが熱狂するのも少しわかるような気も…。

楽屋に行くとちょっとギークな雰囲気(=_=)
そう、オタク。
ちょっと怖いかも?と思ったら、目が合ったりするとハイ!とチャーミングな笑顔。
しかも皆さん結構礼儀正しい。
ロッカーがモテるのもちょっとわかるような。

K「どうしよ、今からメタルにハマったら?!」
夫「鼻ピー、つけたら?似合いそー」
K「鼻ピアスは痛そうだから無理。タトゥーも無理(>_<)」



(演奏中の撮影可でした)



********************

MLBKEICO.jpg

My Little Box(マイリトルボックス)お申し込みはこちらから

http://www.mylittlebox.jp/subscription/presentatio

Lara Fabian(ララ・ファビアン)♫」

6月20日のComme d′habitudeは
「Belleville & Monceau」
http://www.madamefigaro-wlp.jp/75013/archives/belleville-ou-monceau.html

ようこそ我が家へ。

DSCN3076.jpg

な〜んて言ってみたくなるモンソー公園に隣接する素敵な邸宅☆

***おまけのパリ***

今年もまたこの季節がやってきた♫
La Fête de la Musique(フェット・ド・ラ・ミュージック)。

fetedelamusique-ima.jpg

フランスで今年34回目を迎えるフェット・ド・ラ・ミュージックは夏至の日に通りや広場、庭園、美術館、バー、劇場などフランスのあちこちで行われる音楽イベント♫

champs-de-mars-un-grand-concert.jpg

プロが参加するコンサートもほぼ無料☆
パリで行われるプログラムは、こちらのサイトがわかりやすいかも♫

http://www.evous.fr/Fete-de-la-Musique-a-Paris.html


ミュージックと言えば、先日友達からLara Fabian(ララ・ファビアン)さんを紹介してもらいました。
が、私はララさんのことを全く知らなくて、「はじめまして。ケーコです。どーも。」のリアクションしかできず。

翌日フランス人の友達に「昨日、ララ・ファビアンって人に会ったよ。知ってる?」と聞いたら、「知ってるも何も彼女は有名だよ!!どこで会ったの?どうやって会ったの?」と質問攻めされて、ようやく有名シンガーだと知りました。

というワケでCDを買ってきました。

DSCN3211.jpg

とても透明感のある綺麗な声に聴き入りました♫

DSCN3212.jpg

FELICITA♫

4月4日のComme d′habitudeは
「口福のカチオ・エ・ペペ♥️」
http://www.madamefigaro-wlp.jp/75013/archives/post-319.html

毎回お願いしなくともパスタの量を夫と私とでは、調整していただけたので最後まで美味しく食べることができ、助かりました。

DSCN0479.jpg

グラツィエッ、後藤シェフ!

***おまけのパリ***

パリでテレビをつけていると、パスタやパスタソース、ピザをはじめとするイタリア食材のCMや料理番組で「今日はイタリア料理です」な日にはBGMで圧倒的に使われているのが、FELICITA(フェリチタ)というイタリアンポップ。
この曲、一度聞くと忘れられない!な感じ♫

al_bano_e_romina_power-felicita.jpg

気になって以前調べてみたところ、歌うのはAL BANO(アル・バーノ)&ROMINA POWER(ロミナ・パワー)という夫婦デュオ。
明るくテンポよく、口ずさみやすい楽曲でイタリアで大ヒットし、その人気はフランス、スペイン、ドイツとヨーロッパ全土に広がって80年代前半に大ヒットしたのだそう。

0828765783620_600.jpg

80年代のレトロ感はありますけど、なんともカワイイ曲で私は大好きになりました。
こんな曲です♫
ちなみに「フェリチタ」とはHappy、幸せという意味。



いつの間にか私も自宅でパスタを作る時、フェリチタを口ずさんでいる…♫
今晩は牡蠣クリームパスタでした。

IMG_7686.jpg






MLBKEICO.jpg

My Little Box(マイリトルボックス)お申し込みはこちらから

http://www.mylittlebox.jp/subscription/presentatio

少女時代 The Best

9月6日のComme d'habitudeは
「JAL SHELL FLAT NEOでパリへ」


http://www.madamefigaro-wlp.jp/75013/archives/jal-shell-flat-neo.html

GG(0).jpg

パリに向かう日の朝、近所のネコがお見送りしてくれましたニャ(=^・^=)

K 「こっち見てるよ!お見送りとは嬉しいね♪」
夫「ブスだな」
K「もーー、せっかく見送りしてくれてるのに、そんなこと言うから逃げちゃったじゃーん!」

****************

先日コメントでYさんに教えていただいたのが、この夏発売された「少女時代」のニューアルバム。
「DVD付だって」と夫に教えてあげると、少女時代ファンの夫は早速購入(*_*;

GG (2)

DVD、フォトブック付ですっかりご機嫌♪

GG (5)

前作以上にDVDの完成度が高い☆
見てて楽しい♪
ダンスきれきれ、スタイル抜群、かっこいいやら可愛いやらで同性が見てもいいな~と思える。

K 「で、誰が一番好きなの」
夫「ユナ!」

何度その子を説明されても、みんな同じに見えて区別できない・・・。

GG (4)

が、私もDVDは見てて楽しめるのでパリに持ってきました(^^)
だって、どんより曇り空の毎日が続いて滅入る時は、これを見たら気分が絶対アガルはず!

これがユナちゃんね・・・。
GG (1)


MLB.jpg




ファレル・ウィリアムスのHAPPY

3月22日のComme d'habitudeは
「Les Papillesで新作」


http://www.madamefigaro-wlp.jp/75013/archives/les-papillesd.html

このビストロの人気の一つは、日替わりの季節の食べるスープが美味しいこと。

papilles (2)

ポティロン(カボチャ)が一番好き♥

papilles (3)

********************

以前このおまけブログにアップしたPharrell Williams (ファレル・ウィリアムス)の"HAPPY"のMV。
http://belleetbonne.blog.fc2.com/blog-category-16.html

先日HAPPYを含むニューアルバム「GIRL / ガール」が発売になりました☆
と、Yさんにコメントで教えていただいき早速私も購入。

papilles (4)

全体を通して期待を裏切らないカッコ良さ♥

ところで、このファレル・ウィリアムスは今年の秋にComme des Garçons (コム デ ギャルソン) とコラボしてフレグランスをリリースするそう。
ニューアルバム名の"GIRL"と名付けたフレグランスで、ユニセックスの商品になるというので、こちらもどんな香りなのか楽しみです☆

papilles (1)

発売は9月予定。



Pharrell Williamsの"Happy"

1月19日のComme d'habitudeは
「光のスペクタクルショー」。


静かな夜のボーヌでとても綺麗でした。
音楽があるともっとイイかも~と思ったけれど、静かなボーヌでは近所迷惑かな…。

*********************


日本でもブレイクしているのかな?

最近こっちのテレビCMで流れていたり、ブログを書きながら流している音楽チャンネルNRJで頻繁に流れるのがPharrell Williamsの"Happy"という曲♪♪

もーすっかりこの曲が頭をグルグルしてます(@_@)

で、なかなか楽しいパリバージョンを見つけたのが、こちら。



ハッピーな気持ちになれて大好き♥♥
パリの街を楽しく闊歩したくなる(≧▽≦)

というワケで今日もこの曲を聞きながらブログアップ★

ちなみにこちらがオリジナルのオフィシャル版。



時々こっちで見れるYouTubeが日本では見れなかったりすることがあるのですが、見れるといいな…と思いながらアップ(^O^)

プロフィール

Madame KEICO

Author:Madame KEICO
10月生まれ蠍座 O型

新潟県の旅館に生まれるも
女将にならず、上京、進学、
就職、結婚♥

約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ1区と東京白金の往復生活中☆

こちらのブログはフィガロ・ジャポンHP掲載中の
Comme d'habitude
(パリ・東京行ったり来たり)ブログ
(http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/)
から派生したオマケblog。
「つぶやき」や「気になるbelle et bonne」
を気ままにアップ☆

Comme d'habitudeブログへのコメントもこちらへ
気楽にお願いします♡

*********

2014年よりMy Litttle Boxの
アンバサダーに☆

*********

2013年6月〜2013年9月のBelle et Bonne
は、こちら
⇒ http://belleetbonneparismadame.blogspot.jp/

最新コメント

最新記事

リンク

検索フォーム

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


月別アーカイブ

QRコード

QR