12
   

日本!


12月31日のComme d'habitudeは
「今年最後はSamoで」。

人気店で家族連れやカップルでとても賑わっていました。


ついに今年も終わり。
よいお年をお迎えくださ~い(*^▽^*)
*******************


パリへ戻る日、最後までバタバタしていた私は午前中に最後の買い物へ。
あれこれ買って、ゆっくり一人でカフェでランチ。
さ~て家に帰ろう♪と思ったら、
無い!!

冬枯れのパリ乾燥対策用に買ったちょっとお高い保湿コスメたち。
そのコスメの袋だけが無い!

どこかに置き忘れた!
でも、どこ??
慌ててカフェに戻ってもなく、自分の徘徊ルートを順次思い出すと・・・

銀行だ!ATMだ!棚の上~っ(>_<)

1時間くらい経過していたので、もう無いだろうという諦めと、あって欲しいと願う気持ちが半々のまま走って銀行へ。

あった!!
しかもその荷物に気がついたおじいさんが備え付けの電話で銀行の方に届け出の電話をしている、まさにその瞬間でした。(この日は休日でATMコーナー以外はクローズ)


「すみません!それ私の荷物です!!」とゼーゼー言いながら声をかけた私に、おじいさんは笑顔で「気が付いてよかった。本当に良かった。じゃあね。」と去って行きました。

その背中を見送りながら頭を下げ、日本はすごい国だなぁと改めて思い知りました。

こんなことは日本では大して珍しいことでもなく、普通なんだろうけど、これまでの私のパリ暮らしでは置き忘れたものが戻ってきたことは一度もありません。

試着室、カフェ、ビストロ、トイレ、映画館などに忘れたものを10分ぐらいですぐに気がついて戻っても、そこにはもうありませんでした。

初めは軽いカルチャーショック。
人が使い古した手袋、マフラーのようなものさえ無くなってしまうことに、そんなものを取る気になるのか?
と呆れたり、軽蔑したりでした。
でもそういう気持ちを持つよりは、とにかく置き忘れた自分が悪い!と反省する気持ちに切り替えました。
自分が当然と思っていることや常識がどこでも通じるはずがなく、「one of 常識」で、国ごと人ごとに感覚や常識は違っていて当たり前なんだ、と。

なのでこうして無事に置き忘れたものが戻ってきたことは奇跡のようで、とてもありがたかったですし、忘れたことはやはり反省するものの、日本はいい国だなぁ、日本人は親切だなぁとつくづく感じて、とても胸がいっぱいになった出来事でした。

置き忘れた場所もたまたまATMという監視カメラなどがしっかりある場所ということもあるかもしれませんが、これからも日本はそんな落とし物や忘れ物が本人の元へ戻る国であってほしいし、届け出る日本人で自分もいたいと思った年の瀬の出来事でした。


スポンサーサイト

パンケーキの次は?!


12月30日のComme d'habitudeは
「心弾むサーキュラースカート♥」。


普段はパンツ派ですが、やっぱりスカートはそこそこ緊張感が生まれていいですねぇ(^v^)

*********************


なんだかパンケーキブームのジャポン。
帰国の度に新しいお店がオープンしているような?!
行列人気店には行ったことがないけど、パンケーキは好き♥

アメリカに暮らすMちゃんにお願い。
帰国の時はパンケーキミックスを~♥

すると今回2箱も買ってきてくれた♪結構重いのに。
メルシー、Mちゃん!

131229(60).jpg

日本で売ってるミックスも美味しいけど、やっぱり違う本場のしっとり感♪
パリで美味しいパンケーキを食べようと思いま~す。


ところでこのパンケーキブームはいつまで続くんだろう・・・?
次のブームは?
先日日本で見ていたTVでクロワッサンをドーナツにした「クロナッツ」なるものがアメリカでは人気と紹介されていた。

クロナッツ、ちょっと食べてみたいかも。

でも個人的には粉ものなら最近とてつもなく美味しいパン・ペルデュが食べたい!

今年、福岡・天神にオープンしたフレンチトースト専門店"Ivorish"(アイボリッシュ)は気になる一軒。

longbeach04[1]

東京にも上陸するかな~と期待♥

longbeach01[1]

でも「フレンチトースト」の域を越えた世界になっているような(@_@)


<INFO>
Ivorish(アイボリッシュ)
福岡県福岡市中央区大名2-1-44
092-791-2295
http://ivorish.com/


小休止なパティスリー


12月29日のComme d'habitudeは
「Bird Land」。


久しぶりの焼き鳥、とーっても美味しかった!!
外国人のお客さんもわりといて、皆さん美味しそうに食べていたのも印象的。

**********************


ノエルは大忙しだったパティスリーもちょっと小休止。
お店は比較的どこもすいていて、ショーウィンドウのケーキたちも少し寂しげな感じ?!

131229(70).jpg

次に忙しくなるのは、クリスマス休暇が明ける頃から
ガレット・デ・ロワ商戦☆

今年はどこのを食べようか?

07-trendy-galette-richard-seve[1]

悩ましい♥


公式ソルド、カウントダウン


12月28日のComme d'habitudeは
「年の瀬のパリ」。

年末年始をパリで過ごすのは3年ぶり★

24日の大賑わいの日を境に、翌日からはとても静かなパリ。
スーパーも教会も空いてる~。

*********************


1月8日(水)に公式スタートのパリのソルド。

デパートなどでは、もうすでに色分けされたタグが順次つけらていて、すっかり臨戦態勢?!

パリに戻っていくつかブティック、デパートのプレセールに行ってみました。

131228(30).jpg

う~ん、ずっと探しているグレーのブーツは現時点でも見つからず…。

131228(31).jpg

ブーツ以外もあれこれ見てはいるものの、今季はコレ!!と思うものがあまりありません(*_*;

これまで「ソルドだから!」というノリで買ってしまうことがあったけれど、その中には失敗も色々。

雰囲気に流されないで本当に欲しいもの、必要なもの、似合うものを厳しくジャッジしないとね!
と思った空振り三振のプレセールでした。


ノエルのCarrousel★


12月27日のComme d'habitudeは
「CORK★L'AS移転」


新しいラスは、コルクの奥にあります。
ちょっと覗いたら相変わらずの人気で賑やかでした。

******************

ノエル当日のパリの街をブラブラ♪
本物モミの木もあちこちにあって、パリだな~な感じ。

131227(31).jpg


サン・シュルピス教会前にCarrousel(メリーゴ―ランド)出現☆
この時期、ここにメリーゴーランドってできるんだっけ?と思いながら近づくと、

131227(30).jpg

へ~~、どうやらノエル時期は無料らしい。

じゃ私も乗りたい!!とその気になったのですが、
「基本的には子供のためのものでしょ…。」
と冷めた言葉と、はしゃぐ私をカメラに収めてもらえそうもないのでモノ欲しそうな視線で眺めました。

フランス人、結構大人が乗ってるよ…。



洗濯機とルブタン


12月26日のComme d'habitudeは
「Joyeux Noël☆パリ編」

毎年のことながらとても混雑していたボンマルシェですが、この活気と熱気がノエルっぽくて好き♥

**********************



パリのアパルトマンに到着して荷物のアンパックも一段落したところでビックリ\(◎o◎)/!

洗濯機が新しくなってるぅぅ♥

131226(30).jpg

老朽化はしていたものの、壊れたワケでもなく、普通に使えていたのですが大家さんが新調してくれたのでした。

これは嬉しいクリスマスプレゼント★
大家さんに感謝!

予期せぬプレゼントにご機嫌なところに、夫が「ルブタンから来てるよ。」と。

やった!! プライベートセールのお知らせだ(≧▽≦)
と、小躍りしながら封筒を開けたら、

131226(31).png

ガーーーーン(>_<)(>_<)
もう終わってる・・・。

あと少し戻るのが早かったら!と思うと悔しい。

でも日本で家族や友達と過ごした時間は他に替えられない時間だったな~と。
日本で楽しい時間を過ごせたことと、こうしてまた元気にパリに戻っていられることが何よりのクリスマスプレゼントだったことに気がついたノエルでした。
みんなに感謝☆☆☆



Advent calendar


12月25日Comme d'habitudeは
「Joyeux Noël 東京編」。


ってことは、パリ編もあるのか?!
パリについてノエルを祝う余裕があれば・・・。

*********************


クリスマスを楽しみに待ちながらめくるアドベント・カレンダー。
ポップアップの可愛い本を見つけました。

131225(30).jpg

が、もうクリスマスカウントダウン…。

来年は友達の子供にプレゼントしようっ♪

131225(31).jpg

大人にはウィスキー版で!?

131225(32).jpg


今年はStollen☆


12月24日のComme d'habitudeは
「冬のドライブにコート・デ・サラ」。


久しぶりのインドカレーは美味しかった♥

行ったことない国、インド。
人生観が変わると言われるけれど・・・。

*****************************


クリスマスを待ちながら、少しずつ食べるドイツ生まれの菓子パンStollen(シュトーレン)。

日持ちするし、どんどん熟成が進むのでその変わっていく味を楽しめるお菓子。

131224(20)

ここ数年はこの時期はイタリアのクリスマス菓子
「パネトーネ」を楽しんでいたのすが、
今年はシュトーレン気分(^v^)

クリスマスを待ちながらBIGOT(ビゴ)のものを楽しみました☆

131224(21)

パリでも美味しいシュトーレン、食べたいな~( ^)o(^ )

<INFO>

BIGOT(ビゴ)

http://www.bigot.co.jp/


着物でティータイム☆


12月23日のComme d'habitudeは
「着物で忠臣蔵」。

歌舞伎鑑賞には、お着物の人も多いので先輩お着物マダムの着こなしを見るのも楽しいです♪
演目に合わせた着こなしもできるように
なりたいなぁ(*´▽`*)


********************

歌舞伎座に行く前に自宅近くのホテルでティータイム。

ホテルのティーサロンはなんだか優雅な気持ちになれて好き♥

131223(33)

着物を汚すのが心配。
なんて言わずにケーキセットを(^^♪

季節限定のモンブランケーキ。

131223(31)

抹茶のスポンジとマロンペースト、生クリームたっぷりの卵型ケーキ。
柚子のソルベと下にはラズベリーのスポンジが敷かれていました。

131223(32)


和栗マロンペーストたっぷりなケーキを想像していたのでマロン少なめでガッカリ(>_<)
しっかも2800円もしたのにぃ!

いつもなら夫に悪態をつくところですが、着物を着ているとなんだか控えめ、おしとやか気分?!
出てくる言葉が優しくなるような(゚д゚)!

131223(30)

らしくない…と思いつつ、笑顔でご馳走様を告げて歌舞伎座へ向かいました。


仙台のお土産


12月22日のComme d'habitudeは
「カイユボット展」。

夕方に行ったので鑑賞後は夕ご飯の支度もあって急いで帰ったのですが、併設されていたカフェがちょっと気になりました。


*******************

Jさんから仙台のお土産をいただきました。

それは牛タン(^o^)

131222(20)

レトルトパックとは言え、しっかり厚みのあるタンで美味しい!!

131222(21)

焼き肉と言えば、カルビ命だった20代。
タンに目覚めた30代。
40代は??


Les meilleurs kouglofs de Paris


12月21日のComme d'habitudeは
「たぶんずっと好きなロブション」。

久しぶりにお邪魔したアトリエ・ロブション@六本木でしたが、相変わらずの人気で賑やかでした。

帰りは併設のパン屋さんでパンとケーキを買うのがお約束☆
栗のクイニーアマンが美味しかった(^u^)


**********************

アルザス好きの私はクグロフ好き♥
パリで美味しそうなものに出会えば買います。
と言っても最近は、近所のエリック・カイザーのものばかり…。

131221(20).jpg

先月、フランス版フィガロにパリのベストクグロフの記事があったのでチェック☆
だいたいお店は知ってるけど肝心の一位のお店だけ食べたことない…。

不覚だわ!

131221(25)

というワケでパリに戻ったら食べなくちゃ(/・ω・)/


boulangerie Vandermeersch
278, avenue Daumesnil, 75012 paris

http://www.boulangerie-patisserie-vandermeersch.com/



タマヤパン


12月20日のComme'habitudeは
「アンリ・ルソーとジョルジュ・サンド」。


パリにはどんな本を持っていこう?
明日本屋さんに行こうと思います♪


********************

フランスのパンは美味しい。

が、日本のパンも美味しい!
特に「食パン」は美味しくて、ついつい厚切りにしたくなる☆

Sちゃんとデパ地下で買った期間限定販売中だった「タマヤパン」の食パンを朝から食べてご機嫌です。

131220(20).jpg

で、オーブントースターで焼くことが多いのですが、厚さ的にOKならこのレトロなトースターを使ってます。

131220(25).jpg

焼き上がってポンっ!とトーストが飛び出す瞬間が好き♥


<INFO>
タマヤパン
http://maibakukan.co.jp/index.html


Luggage Checker


12月19日のComme d'habitudeは
「パリでAngkor」。

企画展はとても人気でなかなか作品に近づけない場所もありました。

自分たちに無いモノには憧れや興味がわきやすいこともあるけど
アジア好き、禅ブームなパリっ子は多いです(*_*;

*********************

そろそろパリに戻るために荷造りを始めようと思っているのですが、今回は荷物が多い。
理由はスキー道具一式が二人分あるから…。
スキーブーツとか改めて持ってみると
本当に重いっ(>_<)

で、最近の航空会社はチェックインする荷物重量のチェックが厳しくなってます。
特にエアフラ。

というワケでこんなものを買ってみた。
ラゲージ・チェッカー★

131219(30).jpg

スーツケースの持ち手部分につけて持つ(吊り下げる)と重さが量れるというもの。

131219(31).jpg

夫 「またくだらないものを買ったね。」
K 「いやいや、これは結構重宝すると思う♪
  目覚まし時計機能もついてるんだよ。」
夫 「…。」

というワケで重量オーバーに気をつけながら荷造りです。
 

パリの美味しいサーモン♥


12月18日のComme d'habitudeは
「北欧Arabiaの24 Avec」。


パイ インターナショナルから「フィンランドのアラビア手帖」(1,680円)が発売されるそう♪

131218(30) (2)

ところで、パリの賃貸アパルトマンは家具付きで食器などもついている所が多いです。
大家さんのセンスと合えば嬉しいけど、合わないと全く合わないんだな~。

ま、物件選びは立地、広さ、家賃が優先事項だから。

********************

パリは北欧からも近いので美味しいノルウェー産サーモンがたくさん♥
サーモンのお鮨はとても美味しいし、特に年末になるなるとスモークサーモンが食べたくなります!

モチモチのブリニにイクラ&サワークリームも美味し~(^o^)

131218(20)

そろそろパリの空が恋しくなってきたところで戻り支度を始めます☆

131218(21)


妄想クリスマスプレゼント


12月17日のComme d'habitudeは
「ビオディナミコで女子時間」。


翌朝、喉が痛かった(>_<)
シャベリ過ぎ。


*******************

すっかり寒くなった今日この頃、お店で流れるクリスマスソング♪
つい一緒に鼻歌。
やっぱり世代的にはマライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」はテンションあがるわ~。
All I want for Christmas is youuuuu♪♪

プレゼント探しが楽しい季節です。
というワケで妄想プレゼントをピックアップ?!

TOMS
メンズ用スニーカー
自分がカモフラ好きだから♥

131217(52)

Gary Birks
食器棚に並べたいデミタスカップ。
実際、家でエスプレッソはほとんど飲まないんだけど…。

131217(51)

ALEXANDRA SOJFER
ファー付きの傘!?
実用性は低そうだけど、気になる可愛いさ☆

noel (2)

PIAGET
薔薇モチーフは素敵だな♥
薔薇部分はオパール。
フフ、誕生石だわ!!

noel (4)

お料理好きな人にポルトガルのオリーブオイルを。
可愛いデザイン、高級ワインのような木箱入り。
そこらへんのワインより高くてびっくりだけど(@_@) 
150€。

noel (5)

CHANEL
Sac Boyはロック☆

131217(50)

BURBERRY
レオパ柄のボストンバッグ。

131217(53)

妄想ではなく、本気で欲しくなってきた…!



レディな小物で♥


12月16日のComme d'habitudeは
「山根一仁☆未来の音」。

ものすごくパワフルな演奏もあった中、ずっと弾きっぱなしなのに汗ダクになることもなく(そもそも汗っかきの演奏家はあまりエレガントに見えない…)余裕さえ感じさせる18歳でした。


*************************

今シーズンは寒さに負けずにスカートをもっと履こう♪な気分になってます。

できれば淑女気分でね~。

というワケで千鳥格子なバッグと靴をヘビロテ中。

131216(20).jpg

大好きなパールも夏は皮脂で変色するのがイヤであまり使いませんが、秋冬はここぞとばかりにパールの出番(^v^)



Bonne Mamanの焼き菓子


12月15日のComme d'habitudeは
「プリズマ☆アルバ産白トリュフ」


そろそろ白トリュフの季節も終わり~。

そしてレストランではクリスマスディナーの季節☆
ノエル@パリの私は外食の予定な~し。
家でゆっくり…


*****************************

パリ9年目の今年、初めて食べたものの一つが
Bonne Maman(ボンヌ・ママン)シリーズでございました…。

目につき過ぎて、いつでも食べれる感があって
手を出せずにいたものだったのかも。

あれこれ試しくたくなって日本に持ち帰ったのはコレ。

1312115(33).jpg

スペキュロス味の焼き菓子。

131215(30).jpg

コーヒーと一緒に楽しんでます。
12個入りです。


会津駄菓子「本家 長門屋」


12月14日のComme d'habitudeは
「冬の味覚をお取り寄せ」。

蟹をほぐしながら食べるとどうしても無口になってしまう…。
こうして最初にほぐしてしまえば、ゆっくり話しながら飲みながら食べれる?!


************************

先日会津に行った時にお土産に買ってきた和菓子を楽しみました。

「胡桃ゆべし」は、やっぱり美味しい♥

131214(20)

白餡の「八重の桜 記念菓子」は、あまりインパクトがなかった感じ…。
ヒヨコっぽいお菓子でした。

131214(22)

一番気に入ったのは、「楽笑栗」(わしょうぐり)。
蜜漬けの栗を丸ごと一個、胚芽麦芽入りの皮で包んだ蒸し菓子。
ほんのり栗の甘さが優しくて美味しかった(≧▽≦)

131214(21)

やっぱり和菓子は、ホッと気分が和みます♥

あ、、パリに持ち帰ろうと思ったものまで全部食べてしまった…。

<INFO>
本家 長門屋
福島県会津若松市川原町2-10
0242-27-1358
http://www.nagatoya.net/


パリのアウトドア専門店 Au Vieux Campeur


12月13日のComme d'habitudeは「冬のバカンス支度…」。

来年2月はソチオリンピックですね☆
ヘルメットを買ったお店にはスキージャンプの
高梨沙羅選手のスキーが展示されていました。

131213(52).jpg

金メダル、取れるといいですね!


************************

バカンス好きのフランス人。
海、川、山とアウトドアを楽しむ人はとても多い。

パリ自宅の近くにはそんなパリっ子御用達のアウトドア専門店Au Vieux Campeur(オ・ヴュー・カンパー)があります。

131213(51).jpg

大型店舗ではなく、それぞれジャンル分けがされ、その店舗数はおよそ30軒!
なのでこの周辺は、オ・ヴュー・カンパー村状態?!

131213(50).jpg

テント、バックパック、スキー、カヌー、ダイビング用品から各種ウェア、靴、アクセサリーなどとにかく豊富でフランスメーカーはもちろんヨーロッパのブランドが幅広く揃ってます。

というワケで私もココでスキーグッズを探してま~す。


<INFO>

Au vieux campeur

48 Rue des Écoles, 75005 Paris
http://www.auvieuxcampeur.fr/


シャネルムービーThe Return"


12月12日のComme d'habitudeは
「Les Papillesでデジュネ」。


こちらのビストロは今年は12月22日からクリスマス休暇☆
年明けは1月2日から営業予定だそう。
(あくまで現時点での予定です)


****************************

フランスを代表するメゾン"CHANEL"。

カール・ラガーフェルドが企画、脚本、監督を務めた新作フィルム
"The Return"がChanel.comで公開。

30分ぐらいのショートムービーなので週末にでものんびり見たい。
公式HPではもっと大きな画面で見れますので~。

(http://www.chanel.com/ja_JP/fashion.html)


 

ガブリエル・シャネル役にジェラルディン チャップリン。

1945年のパリを舞台にガブリエル・シャネルがクチュールメゾンを再開させた当時を振り返るというもの。
カンボン通りにあったサロンとアトリエを再現して撮影されたそう。


いろんな名言を残しているココ・シャネル。

「きちんと着こなしていない女性は洋服が目に付くが、すばらしい着こなしの人の場合は洋服ではなく彼女そのものが映えて見えるもの。」

最近知ったこの言葉はグサっと刺さりました…



アンティークウォッチ☆


12月11日のComme d'habitudeは
「ちょっと早いCadeau de Noël?!」

この手の美顔器って最初はよく使うものの
だんだん使わなくなってしまうんですよね~。
今回のリファ・カラットは、いつまで続くんだろう…。
でも気持ちいいのは確か(*^▽^*)


**********************

パリに来た当初、ルーヴル美術館の近くにある
Le Louvre des Antiquaires
(ル・ルーヴル・デ・アンティケール)

というのアンティーク屋さんが集まった所に足繁く通った時期がありました。

131211(45)

旧いもの、アンティークってステキだな~と感じるようになったので、ちゃんとしたアンティークを見て学ぼうと。

が、やはり専門的知識がないと難しい分野。
これって本当にそんな価値なの?!と思うこと多々。
こりゃ~お店の人と互角にやり合うのは無理だなと思いました。

なので最近はあまりアンティークものを見る機会がなかったのですが先日、東京・表参道でアンティークウォッチとアンティークジュエリーを扱う
「シェルマン・青山店」というお店を知りました。

131211(40).jpg

見せてもらった時計は、1920~60年代ぐらいもの。

131211(44).jpg

時計の歴史は1970年代にクオーツ時計が登場したことで大きく変わったのだそう。

それ以前のものは高価なもので、一点一点丁寧に手間をかけて作られてきたものが多いと。

131211(42).jpg

手に取ってみると、とても華奢で美しく雰囲気のあるもばかり。

どんな人がどんな風にしていたんだろう?と思うと、
ちょっとロマンも感じたり♡

アンティーク熱、復活かも!?

131211(43).jpg

K 「ステキだね♡」
夫 「そ~か~?オレは新品がいい。」
K 「・・・。」

<INFO>
シェルマン青山店
東京都港区北青山3丁目6−16 佐阿徳ビル内 1階
03-5466-3786
http://www.shellman.co.jp/eos2/webshop/store02.html


ボージョレ・ヌーボー&もんじゃ


12月10日のComme d'habitudeは、
「ウォッシュタイプのリヴァロ」。


これは強烈に臭かった!!
が、口に入れると匂いほどには臭くないのが不思議。
タッパー&ジップロックでしっかり密閉しないと
冷蔵庫の中に匂いが充満して大変でした(゚д゚)!


***********************

買った後、すっかり忘れていたもの。
それは今年のボージョレ・ヌーボー。

131210(10)

思い出して良かった☆
忘れ続けて1年経ったら大変だったな…と。

そんなボージョレと一緒に食べたのは
もんじゃ焼き@自宅。

131210(12)

夫は東京生まれのくせに「もんじゃ焼き」を
食べたことがない、と。

というワケで私が作り方と食べ方を指導して
あげることに(^v^)

131210(11)

そういう私も大昔にSちゃんとOちゃんと月島で一度食べたっきりだった…。

いつ土手を崩すのか?
チーズは?
モチはいつ入れるのか?
細かい質問にイラ立ちながら一気に混ぜる(+_+)

夫 「なんかすげーB級な味がするんだけど。」

K 「そういうものです!!」



日曜日のパリ


12月9日のComme d'habitudeは
「気になるカモフラージュ@冬ソルド」。

ソルド・キッチン編では丸いテーブルクロスを狙います。

が、いつもキッチンものは後回し(+_+)
予算が残るのか心配…。


*********************************

晩秋の日曜日のパリ。

どこからか聞こえてきた音色♪
それは寒い中、ハーモニカを練習している男性からでした。
楽器の練習もパリの片隅だと画になる?!

131206(20).jpg

私の日曜日のパリはカフェでゆっくり。

131206(21)

こういう時間は帰国中には全くないけど・・・。


アロマキャンドル


12月8日のComme d'habitudeは
「マリンピア日本海」。


寒くてイルカショーは見れなかったけど、
たまに行くと水族館って楽しいですねぇ(*^▽^*)


*************************

ギフトシーズンです☆

プレゼントしたり、自分用にも買ってしまうものの
一つがアロマキャンドル。

バタバタした一日の終わりに火を灯して、
イイ香り~にリラックスしたり
お風呂の中で灯して瞑想タイム☆

この時期、限定品などで色々発売されますが
ワタシが気になっているのはLadurée(ラデュレ)
のイスパハンの香りのキャンドル♥
ローズ、ライチなど香ってイスパハンケーキが
食べたくなるかも?!

BOUGIE Ispahan(51€)

131207(20) (2)

Diptyque(ディプティク)のTsé Tséとのコラボキャンドル。
Bougie Chaya (52 €)
スパイシーなチャイみたいな香りらしい。
冬に飲むチャイは美味しいからねぇ♪

131207(22)

ワタシのパリのお気入りキャンドル専門店は
comme d'habiブログに何度か書いている
Quintessence Paris(カンテサンス パリ)
http://www.madamefigaro-wlp.jp/75013/archives/51609950.html)

来年の2014年のカレンダーキャンドルが登場。

131207(21)

一つからでも買えるので、まずは誕生月の
10月のキャンドルをチェックしたい♪


マイヤーリング☆オードリーの新作

12月7日のComme d'habitudeは「せかい鮨」。

脂の乗った冬の魚は美味しい(^o^)

初冬の日本海☆
夫やツーリストのみなさんは観光巡回バスから見えるザブーン、ザブーンな
大波にびっくり&興奮気味\(◎o◎)/ 
この時期の普通の光景です。


**********************

「オードリー・ヘプバーン」ファンには
とても嬉しいニュース☆☆☆

劇場未公開作品「マイヤーリング」が2014年1月4日(土)からTOHOシネマズ六本木ヒルズ、TOHOシネマズ梅田を皮切りに全国順次公開されるそう。

131208(50).jpg

最初の夫、メル・ファーラーと新婚時代に共演したもので1957年に全米で一度だけOAされたTV映画☆

131208(51).jpg

ざっくりなあらすじは~
(ネタバレしません)

時は19世紀末。
エリザベート皇后の長男で皇太子ルドルフは自生を悲観しながらその場の気晴らしをしながら過ごす毎日。

ある日、身分を隠してパーティに参加する。
そこでマリーと出逢って恋に落ちる♥

が、二人の仲は周囲に認められず。

ルドルフはマリーに「来週の月曜日、旅に出よう」と告げる。
二人はどうなるの?!

というワケで私も見たいのですが、年内にパリに戻ってしまうので観れません…。
とても残念っ(>_<)


カルティエ展☆Le style et l'histoire


12月6日のComme d'habitudeは、「オディロン・ルドン展」。

館内ショップでは「フランスフェア展」と言い切らず
フランスっぽいフェア展。

131206(31)

確かに微妙な感じだったけど、ちょっとカワイイ(^O^)


1312106(32)

******************************

先日4日からパリのグラン・パレ
(Galeries nationales du Grand-Palais)
で始まったCartier "Le style et l'histoire"
カルティエ「その様式と歴史」展
がスタート。

131206(30).jpg

フランスを代表する高級宝飾品の有名メゾン、カルティエ。

そのメゾンの歴史をキラキラな宝飾品、時計、革製品
などを通して振り返るとともに、
現代に受け継がれる創作の一部を紹介するというテーマだそう。

パリに戻ったら見たい展覧会の一つ☆


<INFO>
Galeries nationales du Grand-Palais

21 Avenue Franklin Delano Roosevelt, 75008 Paris
http://www.grandpalais.fr/fr/evenement/cartier-le-style-et-lhistoire

*Cartier "Le style et l'histoire"
カルティエ「その様式と歴史」展は
2014年2月16日まで



Dior Glamour Mark Shaw


12月5日のComme d'habitudeは「思い出マント」。

マントを着せたトルソーは私よりグラマーなのでコートぐらいしか
着せるものがなく、出番は冬のみ…。
普段は場所だけ取ってる困ったちゃん(*_*;

*****************************

50'Sファッションが大大好きです♥

写真集を見てるだけで気分がアガる!というか、
本当に好きな要素がギュウギュウに詰まった洋服や
アクセサリーが多いんですよねぇ(^◇^)

で、買わねば!な一冊を見つけました。

それが
Dior Glamour Mark Shaw。

131205(10) (2)

写真家、Mark Shaw(マーク・ショウ)による
1950年代のディオール写真集☆

131205(10) (1)

Rizzoli社より90€で発売中♪


131205(10) (3)


お気に入りホテルRelais Christine


12月4日のComme d'habitudeは「ぶらり七日町」。

スィーツ&カフェマップというものがあって、七日町界隈の
スィーツ巡りも観光案内所の方がすすめてくれました♪

が、スィーツをハシゴできる若さはもうなく、お土産のお菓子を
買うので精一杯だったわ…。

会津ブログは終わり~。

**************************

パリに暮らす前、ちょっと滞在したことがきっかけで
好きになったパリのプチホテルが
Hôtel Relais Christine
(ルレ・クレスティーヌ)


131204(31)

小さく、クラシックで可愛い雰囲気のホテルです。
ホテルの人達は気さくでアットホーム気分になれました♪

131204(33)

チェックアウトの時に「思い出にどうぞ」といただいた
灰皿は今は東京自宅の机の上に。
(決して盗んだワケじゃないですよぉ)

131204(30)

ディオニュソス(バッカス)?が入口で出迎えてくれる
パリのお気に入りホテルです。

131204(32)

<INFO>
Hôtel Relais Christine
3 Rue Christine, 75006 Paris
01 40 51 60 80
http://www.relais-christine.com/fr/


ワインボトル名称

12月3日のComme d'habitudeは「会津B級グルメ」。

「いとう食堂」は大人気でした。
ソースカツ丼定食の他にはカツ丼定食、とんかつ定食、
そして「お刺身定食」がありました。
現在は昼のみ営業☆

*****************************

パリの酒屋さん前に並べられた
巨大ワインボトルたち。
これからのパーティーシーズンは大きめのボトルを
開ける機会も増えそう♪

と言ってもマグナムどまりだろうけど…。

131202.jpg

ワインを飲むようになったからワインボトルの
サイズ名称をいくつか覚えたのですが、
なっかなか覚えきれず。
エキゾチックな名前で難しい…。

というワケで備忘録がわりにまとめてみました。

ボルドーとブルゴーニュで呼び方が違っていたり
しますが、以下はボルドーの呼び方☆

375 ml fillette(フィエット)
*小娘の意味

750 ml frontignan(フロンティニャン)

*これは普通サイズ

1,5 L (ボトル2本) magnum(マグナム)
*あるソムリエさんが言ってましたが
シャンパンなどはこのサイズが最も
イイ感じに瓶内熟成すると。

2,25 L (ボトル3本) marie-jeanne(マリー・ジャンヌ)

3 L (ボトル4 本) double magnum(ドゥブル マグナム)

4,5 L (ボトル6 本) jéroboam(ジェロボアム)
*イスラエルの王の名前

6 L (ボトル8 本) impériale(アンペリアル)
*皇帝の意味

9 L (ボトル12 本) salmanazar(サルマナザール)
*アッシリアの王の名前

12 L (ボトル16 本) balthazar(バルタザール)
*東方の三博士の一人の名前

15 L (ボトル20 本) nabuchodonosor
(ナビュショドノゾール)
*新バビロニアの王 の名前

18 L (ボトル24 本) melchior(ルシオール)
*東方の三博士の一人の名前

50から60 L(64から80本) Dame Jeanne
(ダーム ジャンヌ )

もはや持てないでしょ…なサイズ。
そしてやっぱり覚えられない…。


サンジェルマンの片隅で


12月2日のComme d'habitudeは、「ハンサムウーマンの生まれた町」。
大河ドラマの影響であちこちに「八重の桜」のポスターが★
ドラマは5月くらいまで見ていたのですが、途中で離脱…。
年末のダイジェスト版で見ようかな?!

***************************

サンジェルマン界隈はパリで一番好きなエリアかも♥

131201(41).jpg

メトロ駅を出てすぐのクレープ屋さんの脇では
ディキシージャズを演奏する男性グループは
よく見かけるのですが、先月歩いていたら
軽やかなフルートの音色が♪

そこにはフルートを吹きながら歌う女性がいました。

131201(46)

フルートもいいけれど、彼女の声がとても
綺麗で聞いていると、なんとも気持ちイイのです!

思わず足を止めてしばらく聴かせてもらいました。

131201(45)

サンジェルマンの街角に似合う素敵な音楽でした♪


プロフィール

Madame KEICO

Author:Madame KEICO
10月生まれ蠍座 O型

新潟県の旅館に生まれるも
女将にならず、上京、進学、
就職、結婚♥

約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ8区と東京都港区を行ったり来たりな生活中☆

こちらのブログはフィガロ・ジャポンHP掲載中の
Comme d'habitude
(パリ・東京行ったり来たり)ブログ
(http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/)
から派生したオマケblog。
「つぶやき」や「気になるbelle et bonne」
を気ままにアップ☆

Comme d'habitudeブログへのコメントもこちらへ
気楽にお願いします♡

*********

2014年よりMy Litttle Boxの
アンバサダーに☆

*********

2013年6月〜2013年9月のBelle et Bonne
は、こちら
⇒ http://belleetbonneparismadame.blogspot.jp/

最新コメント

最新記事

リンク

検索フォーム

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2013年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月別アーカイブ

QRコード

QR