12
   

日本!


12月31日のComme d'habitudeは
「今年最後はSamoで」。

人気店で家族連れやカップルでとても賑わっていました。


ついに今年も終わり。
よいお年をお迎えくださ~い(*^▽^*)
*******************


パリへ戻る日、最後までバタバタしていた私は午前中に最後の買い物へ。
あれこれ買って、ゆっくり一人でカフェでランチ。
さ~て家に帰ろう♪と思ったら、
無い!!

冬枯れのパリ乾燥対策用に買ったちょっとお高い保湿コスメたち。
そのコスメの袋だけが無い!

どこかに置き忘れた!
でも、どこ??
慌ててカフェに戻ってもなく、自分の徘徊ルートを順次思い出すと・・・

銀行だ!ATMだ!棚の上~っ(>_<)

1時間くらい経過していたので、もう無いだろうという諦めと、あって欲しいと願う気持ちが半々のまま走って銀行へ。

あった!!
しかもその荷物に気がついたおじいさんが備え付けの電話で銀行の方に届け出の電話をしている、まさにその瞬間でした。(この日は休日でATMコーナー以外はクローズ)


「すみません!それ私の荷物です!!」とゼーゼー言いながら声をかけた私に、おじいさんは笑顔で「気が付いてよかった。本当に良かった。じゃあね。」と去って行きました。

その背中を見送りながら頭を下げ、日本はすごい国だなぁと改めて思い知りました。

こんなことは日本では大して珍しいことでもなく、普通なんだろうけど、これまでの私のパリ暮らしでは置き忘れたものが戻ってきたことは一度もありません。

試着室、カフェ、ビストロ、トイレ、映画館などに忘れたものを10分ぐらいですぐに気がついて戻っても、そこにはもうありませんでした。

初めは軽いカルチャーショック。
人が使い古した手袋、マフラーのようなものさえ無くなってしまうことに、そんなものを取る気になるのか?
と呆れたり、軽蔑したりでした。
でもそういう気持ちを持つよりは、とにかく置き忘れた自分が悪い!と反省する気持ちに切り替えました。
自分が当然と思っていることや常識がどこでも通じるはずがなく、「one of 常識」で、国ごと人ごとに感覚や常識は違っていて当たり前なんだ、と。

なのでこうして無事に置き忘れたものが戻ってきたことは奇跡のようで、とてもありがたかったですし、忘れたことはやはり反省するものの、日本はいい国だなぁ、日本人は親切だなぁとつくづく感じて、とても胸がいっぱいになった出来事でした。

置き忘れた場所もたまたまATMという監視カメラなどがしっかりある場所ということもあるかもしれませんが、これからも日本はそんな落とし物や忘れ物が本人の元へ戻る国であってほしいし、届け出る日本人で自分もいたいと思った年の瀬の出来事でした。


スポンサーサイト

プロフィール

Madame KEICO

Author:Madame KEICO
10月生まれ蠍座 O型

新潟県の旅館に生まれるも
女将にならず、上京、進学、
就職、結婚♥

約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ8区と東京の港区を往復生活中☆

こちらのブログはフィガロ・ジャポンHP掲載中の
Comme d'habitude
(パリ・東京行ったり来たり)ブログ
(http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/)
から派生したオマケblog。
「つぶやき」や「気になるbelle et bonne」
を気ままにアップ☆

Comme d'habitudeブログへのコメントもこちらへ
気楽にお願いします♡

*********

2014年よりMy Litttle Boxの
アンバサダーに☆

*********

2013年6月〜2013年9月のBelle et Bonne
は、こちら
⇒ http://belleetbonneparismadame.blogspot.jp/

最新コメント

最新記事

リンク

検索フォーム

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2013年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


月別アーカイブ

QRコード

QR