11
   

ロミオとジュリエット♬

11月21日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
ヴィトンのFondation Louis Vuitton

お土産コーナーも人気☆

DSCN5174.jpg

*************

夫「フィルハーモニー・ド・パリで“ロミオとジュリエット”、やるって♬」

K「タンタ、タンタ、タンタ、タンタ、タンタ、タンタ、タンタ♬ タタタ、ターターン♬ あの曲、好きなんだよね〜。」

と言う訳で今シーズン楽しみにしていたオーケストラ鑑賞でPhilharmonie de Paris(フィルハーモニー・ド・パリ)へ。

DSCN5223.jpg

前半は、Benjamin Britten(ベンジャミン・ブリテン)のオペラ“Peter Grimes”(ピーター・グライムス)から抜粋された『4つの海の間奏曲』。

夫も忙しく、私もバタバタしていたのでお互い全く予習無し。

夫「歌、英語だったよね?」

K「英語のオペラって聴いたことあった?」
と、プログラムを確認すると

DSCN5219_201611201023527dc.jpg

Edward Benjamin Britten(エドワード・ベンジャミン・ブリテン)はイギリスの作曲家、ピアニストで指揮者。しかも男爵。

現代っぽい音楽だったと思ったので生年月日を確認すると1913年11月22日(1976年12月4日 63歳没)。
今回知った作曲家で、初めて聴く音楽でしたが、ホルンが主役というユニークなもので退屈しませんでした。

DSCN5222.jpg

テノール・Mark Padmoreさん、ホルン・Benoit de Barsony。


そして休憩の後は、楽しみにしていた「ロミオとジュリエット」♬
有名なあの部分は演奏されるはず!と期待して耳を傾ける。

DSCN5225.jpg
指揮者 Daniel Harding。

あれ…これで終わり?!
期待していたタンタ、タンタ、タンタの部分はなく、しかもなんだか唐突に終わってしまった感じ…。

K「私達が好きなあの曲って作曲だれ?」

夫「プロコフィエフ。」

K「今日のは誰?」

夫「ベルリオーズ。」

K「違うじゃない…!!私の好きなのと別物!」

夫「オレは、さっきの休憩でプログラムを見た時に気がついた。」

K「早く言ってよ…」

夫「言ったらすぐ寝ると思って。」

K「・・・。」



私が好きなのはコレです、セルゲイ・プロコフィエフが作曲したバレエ音楽の「ロミオとジュリエット」の「モンターギュー家とキャピュレット家」。。


<info>
Philharmonie de Paris(フィルハーモニー・ド・パリ)
Cité, 221 Avenue Jean Jaurès, 75019 Paris
http://philharmoniedeparis.fr/fr


スポンサーサイト

プロフィール

Madame KEICO

Author:Madame KEICO
10月生まれ蠍座 O型

新潟県の旅館に生まれるも
女将にならず、上京、進学、
就職、結婚♥

約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ1区と東京白金の往復生活中☆

こちらのブログはフィガロ・ジャポンHP掲載中の
Comme d'habitude
(パリ・東京行ったり来たり)ブログ
(http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/)
から派生したオマケblog。
「つぶやき」や「気になるbelle et bonne」
を気ままにアップ☆

Comme d'habitudeブログへのコメントもこちらへ
気楽にお願いします♡

*********

2014年よりMy Litttle Boxの
アンバサダーに☆

*********

2013年6月〜2013年9月のBelle et Bonne
は、こちら
⇒ http://belleetbonneparismadame.blogspot.jp/

最新コメント

最新記事

リンク

検索フォーム

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2016年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -


月別アーカイブ

QRコード

QR