12
   

エノケソ一代記

12月13日のパリ東京行ったり来たりコムダビBlogは、
再訪確実☆Vini da Gigio

日曜日のヴェネツィアの朝。

DSCN14967.jpg

のんびりした雰囲気☆

DSCN4791.jpg


****************************

人気の今年のNHK大河ドラマ「真田丸」☆

その脚本を手がけた三谷幸喜さんの大河ドラマ後の初の戯曲、シス・カンパニー公演「エノケソ一代記」を観劇してきました。

IMG_1547_2.jpg

場所は三軒茶屋にある世田谷パブリックシアター。

enokeso.jpg

舞台は昭和初期。
榎本健一=エノケンは大衆文化の中心地・浅草を中心に活躍した「喜劇王」で、実在した人物。
当時はまだテレビも無く、映画やブロマイドでしか顔を知らないので簡単にスターの偽者が闊歩できた時代。

161126_enokeso_04-1.jpg

本作の主人公は、そんなエノケン(ん)に心底憧れる偽物・エノケソ(そ)。
エノケソ一座を率いての全国興行で、あちこちで起こる騒動を描いたストーリー。

エノケソを演じたのは、歌舞伎役者の市川猿之助さん。彼を支える妻を吉田羊さん。
脇を固めるのは、浅野和之さん、春海四方さん、山中崇さん、水上京香さんという個性派ばかり。更に三谷幸喜さんも出演。

news_xlarge_enokeso_logo_3.jpg

自分の好きなことを追求したエノケソ。
いつの時代もそんなちょっとワガママだったり、まわりを振り回す人っている…。でも憎めない。
そんな男を支えるのは器の大きい女性。
好き勝手に生きたエノケソは幸せだったのだろうし、それを支えた妻は大変なことばかりでも、それ以上に夫を愛しているからこそどこまでも連れ添える。

笑って笑って、最後はちょっとホロリとする舞台でした。
それにしても猿之助さん、芸達者!


スポンサーサイト

プロフィール

Madame KEICO

Author:Madame KEICO
10月生まれ蠍座 O型

新潟県の旅館に生まれるも
女将にならず、上京、進学、
就職、結婚♥

約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ8区と東京の港区を往復生活中☆

こちらのブログはフィガロ・ジャポンHP掲載中の
Comme d'habitude
(パリ・東京行ったり来たり)ブログ
(http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/)
から派生したオマケblog。
「つぶやき」や「気になるbelle et bonne」
を気ままにアップ☆

Comme d'habitudeブログへのコメントもこちらへ
気楽にお願いします♡

*********

2014年よりMy Litttle Boxの
アンバサダーに☆

*********

2013年6月〜2013年9月のBelle et Bonne
は、こちら
⇒ http://belleetbonneparismadame.blogspot.jp/

最新コメント

最新記事

リンク

検索フォーム

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2016年12月 | 01月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


月別アーカイブ

QRコード

QR