04
   

Officine Universelle Buly、パリ6区にオープン

4月25日のComme d'habitudeは
「お土産はThe Sweet Dynasty」


http://www.madamefigaro-wlp.jp/75013/archives/the-sweet-dynasty.html

香港の糖朝も何度か行ったことがあるのですが、尖沙咀店は移転したとか…。
新店舗はこんな入口らしいです。

buly (1)

香港も行きたいなぁ♪
行きたいところが多過ぎて、ほとんど妄想トリップで終わってしまう(>_<)

********************

パリ6区のパトロールエリア、ボナパルト通りに先日オープンしたのが"Officine Universelle Buly"(オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー)。
その噂、最近パリに暮らす友人から聞きますが、とにかく雰囲気がステキらしい☆

buly (1)

店内は19世紀のフランス。

このブティックは元コレットのPR担当だったVictoire de TaillacとRamdane Touhamiによるもので、1803年創業の香水と化粧品のブランドBuly(ビュリー)の復活!

buly (4)

商品は当時の単なる復刻ではなく、全くの新開発。
「肌を乾燥させる刺激の強いアルコールとグリセリン不使用」
「8種類のウォーターベースの香水」
「香るマッチ」
「香り」をテーマにした商品ラインナップだそう♡

buly (5)

聞くだけでステキなお店☆
是非自分の目で鼻で肌でチェックしたいです。

<INFO>
Officine Universelle Buly
6, rue Bonaparte 75006 Paris
01 43 29 02 50 50
www.buly1803.com



関連記事
スポンサーサイト

KEICOさんへ:

こんばんは!

親の仕事の手伝いで、急遽明日から上海へ行ってまいります。

上海にも"糖朝"が何店舗ありましたが、
いつの間にか見かけなくなりました。
美味しいので、大人気だったのに、残念です。


今日まで"Buly"の存在を知りませんでした。
お店のインテリアも香水のフレーバーの実物も
早く拝見したいです。
今年いつパリへ行けるのかなー?♥♥
夫に早く休みを決めてもらいたいなー!


PS:
1.
明日から上海にてコメントを投稿させていただきます。

中国ではFACEBOOKなどの一部サイトが政府に
ブロックされていて、閲覧することが禁じられています。

上海でもKEICOさんのブログはいつも通り閲覧と投稿する
ことは可能だと思いますが、
万が一もしコメントがない場合、
ブロックされているということで、日本に戻ってから
引き続きコメントの投稿をさせていただきたいと思っております。
よろしくお願いします。

2.
>インドネシア料理が一番好きです♥♡
>ココナッツやピーナツバターソースが好きだからかも。
>ナシゴレン、ミーゴレン、ガドガド、サテ、
>などなど考えていたら
>今とてもお腹がすいてきました\(◎o◎)/

私はインドネシア料理をあまり食べたことがないですが、
ココナッツやピーナツバターソースが大好物です。
特にココナッツ関係に目がないので、
東南アジア料理ならタイ料理が一番よく食べます。

東京でおすすめなインドネシア料理ありますか?


Weijuan


箱根へ

香港スイーツも美味しいですよね。
豆腐花とか好きですぅ。

前半のゴールデンウイークに箱根に行ってきまーす。
ちょうどKEICOさんのブログで箱根のことが書かれて
いたので楽しみがふくらみました。
ラリック美術館の近くですよね。
美術館の後にお肉屋さんに行きます!

Re: タイトルなし


Weijuanさん

久しぶりに訪れた「糖朝」だったのですが、マンゴープリンの味が
ちょっと変わったような気がしました…。
前より薄くなったというか、軽くなったというか…(>_<)
私の味覚が変わったのかもしれませんが、前の方が美味しかったような
気がします。

香水の国フランス、パリにまたまたステキなお店が登場で
"Buly"は気になります♥
パリ左岸は右岸に比べると人が少なくて、ブラブラと散歩するのが本当に
楽しいです♪

インドネシア料理は、ごちゃごちゃっと混ぜた感じのものや揚げ物が
多いせいか友達にいわせると
「全部B級グルメっぽいよね~」と…。
洗練された感じや宮廷料理風なものはないですけど、好きなのです♥

で、好きなお店が自由が丘にあったのですが無くなってしまいました…。
なので私も最近探し中です♪
見つけたら報告しますねッ(^^)v

それでは上海で美味しいものをたくさん楽しんできてくださいね~(*^▽^*)
って、、お仕事でしたよね。(すみません!)


Re: 箱根へ


まりんさん

お店では「仙草ゼリー」と迷って温かい「豆腐花」を
食べました(^^)v
豆腐花も一時はコンビニスイーツにもなってましたよぇ。

> 前半のゴールデンウイークに箱根に行ってきまーす。

おっ!イイですね~。
新緑が綺麗ですよぉ☆
桜もまだ残っているかも。

相原精肉店は店主さんのセールストークが強烈です(@_@。
とにかくよくしゃべるのでおもしろいけど、うるさい!って
感じる人もいるかな…。

プロっぽい!

Buly?
いいですね〜! 映画パヒュームの世界みたい。
ハーブのお店などもそうですが、その昔薬局で
こういった香ものを売っていただけに、
薬局っぽい店構えはプロっぽくていいですねぇー。
どストライクです。

最近香水を購入していないので、
そろそろ鼻をくんくん効かせて
街へ繰り出そうかな…。

最近の憧れは、ソリッドタイプの香水を
薬指あたりでちょいと耳の後ろにつける…
みたいなパフォーマンス。
入れ物は、ゲランのメテオリットのコンパクトを
ミニにしたようなゴージャスなモノ。
なーんて妄想を持っていますが、
実際はソリッドタイプだとすぐ酸化して
香が悪くなるんですよねぇ〜。
日本の高温多湿には恐らくマッチしないんだろうな。

Re: プロっぽい!


Kumiさん

クラシックな"Buly"の雰囲気、ちょっと気になるでしょ~、
Kumiさまなら♪

> ハーブのお店などもそうですが、その昔薬局で
> こういった香ものを売っていただけに、
> 薬局っぽい店構えはプロっぽくていいですねぇー。

香りものも薬局で扱ってたんですか…。
確かに香りで気持ちも体も元気になったり、逆に塞いだり
しますもんねぇ。

今回パリに"Buly"を復活させたというか仕掛け人は、
老舗蝋燭ブランドCire Trudon(シール・トリュドン)を復活させた
人だそうです。
シール・トリュドンのお店の雰囲気もステキなんですよねぇ♥
Kumiさまはアロマキャンドルとかも好き?
私は自分に買うことはあまりなくて、人にあげたり、もらったり…。

> 最近の憧れは、ソリッドタイプの香水を
> 薬指あたりでちょいと耳の後ろにつける…
> みたいなパフォーマンス。

まだ使ったことないんですよね、ソリッドタイプ!
でもそのパフォーマンス、憧れる~ッ(●^o^●)
ドレッサーの前で最後の仕上げに耳裏に香りをオン。
鏡越しに後ろいた彼と目が合う。
その彼は彼女の耳を触るしぐさにドキドキわけよねぇ♡

誰か止めて!この浅すぎる妄想ワールド…。

> 実際はソリッドタイプだとすぐ酸化して
> 香が悪くなるんですよねぇ〜。

えぇぇ(@_@)
あれこれ妄想した後になんとも残念な現実…。
お出かけ前の最後の身支度に悪くなった香りを嗅ぐと
ちょっとガッカリよね~。

P.S.
「ゴッホのトラウマ」読み始めました!
歴史上の人物を知りたい時に固い論文風なものだと読み疲れたり
飽きるのですが、この本はイイ感じにエンターテイメント性が
あって面白いです♪

Cire Trudon

Cire Trudonいいですよねぇ~。
でも私も自分でキャンドルは買わないんですよねぇ。
何でだろう。他のものを買っちゃうのかな(笑)?
あ、あと、面倒くさがり屋なので
こういったものが大好きなくせに、使い終わった蝋で
パキパキになった入れ物のメンテナンスが億劫なのと、
「こ、この入れ物が欲しいのに、何でキレイに蝋が
取れないのよぉっ!」ってイライラするからでしょうか・・・。

ダメだ。余裕のある大人の女性になりきれない。

マダムの妄想もいいっ!
私はツンデレなので、鏡越しに見つめる彼には気づかないフリを
してしまいそうですが(可愛くないし、恋愛下級者?)、
例えばこなれたパリジェンヌなら、鏡越しで彼との無言の駆け引きを
楽しむんだろうな~。

それにこの妄想には、シルクのナイトローブが必要。
スェットルックやTシャツじゃだめだわ。
キャンドル係の小道具さんに加えて衣装さんも欲しいところ。。。

「ゴッホのトラウマ」楽しんで頂けているようでよかった!
このミステリー風なところが適度にハードルを下げてくれて
読みやすいんですよね。

しかし、マダムのおっしゃるとおり
私も一番テオについて考えちゃいました。
一体テオの人生って・・・と。誰にでも幸せになる権利があるのに。
でも絆というよりあえてシガラミと言いたくなるような
家族の関係性を無視できないこともある。
しかもゴッホは病んでいた。
到底受け止めきれないキツイものがあったのだと思います。
「離れることもお互いの人生のため」と思う私は
まだまだ抱えているものが軽いのかもしれませんが、
「風通し」や「新陳代謝」って大事だと思ってしまいます。
いや、ほんと、難しいですね。



Re: Cire Trudon


Kumiさん

> でも私も自分でキャンドルは買わないんですよねぇ。

Kumiちゃんは整理整頓好きでしょ?
ごちゃごちゃと家の中に物を飾らないというか、
スッキリした空間にいるイメージなんですよねぇ。
そこに使いかけのキャンドルが置いてある感じしないな~。
って、また勝手なこと言って妄想ワールド広げてすみませ~ん(>_<)


> 例えばこなれたパリジェンヌなら、鏡越しで彼との無言の駆け引きを
> 楽しむんだろうな~。

やりそうですね、やってますね!
パリジェンヌは恋愛上手で羨ましいやね~。
私なんて一人上手ですからね~。

> それにこの妄想には、シルクのナイトローブが必要。

それ、紺色!ネイビーにしましょ♪


> 私も一番テオについて考えちゃいました。
> 一体テオの人生って・・・と。誰にでも幸せになる権利があるのに。

そうなんです!!
ある意味ゴッホは自由に生きたと思うし、
死後とはいえ絵も評価されて現在に至ってますが、
テオあってのものでしょ~。

基本的には人生は自分のためのものだと思うんです。
でも自分のことと同じくらい、またはそれ以上に思える
存在を持ってる人はちょっと羨ましいなぁと最近思います。
自分のためだと手抜きや妥協もあるけれど、大切な人のためなら
限界が無いです。強いです。

なんでもない日常生活の中でも、つい自分中心だと自分がこれだけ
やったんだから相手にも相応に応えて欲しいと無意識に求めたり、
期待することがあって小さいなぁ自分…と反省することばっかりです。

> 「離れることもお互いの人生のため」と思う私は
> まだまだ抱えているものが軽いのかもしれませんが、
> 「風通し」や「新陳代謝」って大事だと思ってしまいます。

一時的に離れても、また繋がる時は繋がるし、
もっと言えば離れないと次に進めないことも多いですよね。

「ゴッホのトラウマ」読後はまたどんなことを感じるか楽しみに
読み進みます♪

Kumiさんとは妄想ワールドからちょっとマジメに我思う…な
お話もさせていただき、本当にありがとうございます!!
Bon weekend(^_^)/~

Secret

プロフィール

Madame KEICO

Author:Madame KEICO
10月生まれ蠍座 O型

新潟県の旅館に生まれるも
女将にならず、上京、進学、
就職、結婚♥

約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ1区と東京白金の往復生活中☆

こちらのブログはフィガロ・ジャポンHP掲載中の
Comme d'habitude
(パリ・東京行ったり来たり)ブログ
(http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/)
から派生したオマケblog。
「つぶやき」や「気になるbelle et bonne」
を気ままにアップ☆

Comme d'habitudeブログへのコメントもこちらへ
気楽にお願いします♡

*********

2014年よりMy Litttle Boxの
アンバサダーに☆

*********

2013年6月〜2013年9月のBelle et Bonne
は、こちら
⇒ http://belleetbonneparismadame.blogspot.jp/

最新コメント

最新記事

リンク

検索フォーム

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


月別アーカイブ

QRコード

QR