06
29
30
   

La Journée du Mont-Blanc

8月24日のComme d'habitudeは
「La Vie de Marie de Médicis~華麗なるマリーの生涯~」


http://www.madamefigaro-wlp.jp/75013/archives/vie-de-marie-de-medicis.html

an (1)

ルーヴル美術館の自然光がたっぷり降り注ぐ彫刻エリアも解放感があって好きな場所のひとつ♡

****************

モンブランで有名なパリの老舗サロン・ド・テ" Angelina "(アンジェリーナ)が今年から「モンブランの日」(La Journée du Mont-Blanc)なるものを策定。

an (3)

そんな「モンブランの日」は来たる11月5日(水)。
salon de thé Rivoli(リヴォリ店)
Choc Mont-Blanc (ショコラ・ショー風味)
Mont-Blanc Fraise-Vanille (苺バニラ風味)、
Mont-Blanc cassis(カシス風味)、
Mont-Blanc Praliné(プラリネ風味)などが御目見え予定♡
(このイベントはパリ・リヴォリ店のみです)

an (2)

全部食べてみたいけど、アンジェリーナのモンブランは濃厚だから…。

an (4)

<INFO>
Angelina(アンジェリーナ)リヴォリ店
226 Rue Rivoli, 75001 Paris,
01 42 60 82 00
http://www.angelina-paris.fr/


関連記事
スポンサーサイト

人差し指

人差し指、私も好きです!
そして私も良く友人に言われました。
「人差し指に指輪してるとさー、なんか自立してます風に見えるよー」だとか「気が強そうだよー」だとか。

自分のために指輪してるのよ!オトコのためじゃない、関係ない!それに人差し指にしてるからって尻込みしてるオトコには用は無いっ!と思ってましたが、もうこの時点で確かに既に可愛げは無いですね(笑)

だってえ、薬指に指輪して、もう一つ同じ手にしたい時、中指じゃ隣同士傷つけあっちゃうから、ほんと人差し指は便利なんですー。
それに、人差し指にしていると、手の所作が綺麗になりそうなのよねー。意識が手にいくからかな。

多分一度お話したと思うけれど、私も30才になる時に自分に記念品を買いました。ブルガリの指輪で魚のモチーフ。今は見なくなっちゃったから廃盤かな〜。それを購入する時も、人差し指に合わせました。今もサイズが合うので問題ないけれど、もし手がむくんできて入らなくなったら、薬指に出来るというメリットが!←無理矢理

マダムは指も細くて長いだろうから、絶対に人差し指にしても似合う。どんどんやっちゃって下さい!

今日は指輪の話題だけになっちゃった!
最後に

「ショコラ•グラッセ食べたいぞ〜!」

早速

“11/5 モンブランの日”。
手帳にメモりました!
いや~。。。生粋の甘党、そして生粋のモンブラン好き、、でないと
アンジェリーナのモンブラン1ケ完食は厳しいのは事実(^_^;)
しかし!!私はもちろんこのラインナップ全種類制覇したいイキオイ~♪
うーん。なかでもやっぱりいちご味が気になるなぁ~(#^.^#)
KEICOさん、もし食しましたら是非レポお待ちしています~。

ルーベンス!

私もこの連作が展示してある大部屋が好きでよく眺めに行ったものでした。ルイ13世の母君という認識はありましたが、マリー妃自身の実際の生涯については知りませんでした。興味津々ですね。マダムのブログを読んでいてまたじっくりルーブルを巡りたくなっています。

アンジェリーナは何故11月5日をモンブランの日に選んだんでしょう?年1回だけの記念日っていうことですよね?アンジェリーナのモンブランとカフェドラペのミルフィーユが懐かしいです。

世渡り上手のルーベンス!

KEICOさん、こんにちは。

じっくり意味を追って、この連作を鑑賞したことがなかったのですごく勉強になりました!ありがとうございます☆

サン・バルテルミでそのルーブル宮付近を血の海にした方だと言われるのに。
当時の宮廷画家のお仕事ぶりがたいへん興味深く、おもしろかったです!

幼くして両親を亡くし、魑魅魍魎の世界を生き抜いた強い女性なので、私はわりと好きなんですけどね。少し強すぎますが!

モンブランの発祥は知りませんが、フランス美食文化の発展も彼女あってのものですし‼︎

マリー・ド・メディシスの連作、あたしもこの夏、オーディオガイド片手に鑑賞してきました!
当時もう有名であったろうルーベンスに、こ~んなに連作描かせることができたなんて、彼女の権力が観てとれますよね(ギャラも相当支払ったとか…)。
実際、女性としては幸せだったとは言えないかもしれないけど、歴史に名を遺した(いい意味だけではないかもだけど)、凡人とは違う、大きな意味ある人生だったんだな、と思います…。

アンジェリーナのモンブラン、あたしも一個は完食できませんでした~。
ランチ前のおやつ(?)にテイクアウトしたものの、半分は翌朝の朝食後のデザートに。
そのときも苺のモンブランもありましたが、ノーマルのを選びました。
次回は苺味にしたいな…。

久しぶりのコメントですが

KEICOさん、こんばんは。
久しぶりのコメントですがブログは毎日フォローしてます。
今日はどんな内容?と楽しみですが、合わせて皆さんのコメントも楽しみです。
そんな皆さんとでオフ会をやったらとっても盛り上がりそうですねv-272

ルーヴル美術館は一度しか行ったことがなく、記憶も薄れてきたので
来年パリに行けたら、こちらのルーベンスも見たいです。
鑑賞後はアンジェリーナへv-274

Re: 人差し指


Kumiさん

>人差し指、私も好きです!

Kumiちゃんも!!
嬉しい&なんだか心強いわ~♥

>自分のために指輪してるのよ!オトコのためじゃない、関係ない!

そうなんです、指輪は自分のため。
自慢じゃないけど結婚するまでオトコに指輪買ってもらったこと
ないわよ、私!(ホントに自慢にならないな…)
自分で買って、そして人差し指にする!
やっぱり可愛気ない…(>_<)

> それに、人差し指にしていると、手の所作が綺麗になりそうなのよねー。

そうそう!
人差し指はよく使うから目に入る(@_@)

>多分一度お話したと思うけれど、私も30才になる時に自分に
>記念品を買いました。ブルガリの指輪で魚のモチーフ。

初耳よ~。
それって「ナチュラリア」では?
私もブルガリ、大好きだからっ♥
あのインパクトを人差し指にするって、やっぱりツワモノだわKumiちゃん!

ナチュラリアが廃盤かどうか知らないのですが、個人的にはブルガリの
デザインは永遠だと思うよ~。
そのデザインは古代ローマの頃のものに通じると思う☆
1000年、2000年(それ以上)と残っているもの、これからも残るもの。
そういう歴史を越えて残るデザインに個人的には心がときめくし、
年齢を重ねから身につけると、またブルガリの良さが光る気がして
好きです(*^^)

Re: 早速


ちーさん

> “11/5 モンブランの日”。
> 手帳にメモりました!

なぜ11月5日なのか?
それは固定なのか?毎年11月第一水曜日なのか?
などが疑問なのですが、昨日たまたま読んだパリ発のネットニュースに
今年からアンジェリーナが「モンブランの日」を作りました~と(◎_◎;)
モンブラン好きとしては、とりあえずチェック☆

> しかし!!私はもちろんこのラインナップ全種類制覇したいイキオイ~♪

ミニサイズもあるそうで、時間ごとに出されるモンブランが
違うそうです。
ってことは、半日ぐらいいないとダメ?!

> KEICOさん、もし食しましたら是非レポお待ちしています~。

了解です☆
忘れずに行ければ潜入してきます(^_^)/


Re: ルーベンス!


Ditaさん

> マリー妃自身の実際の生涯については知りませんでした。

私もリュクサンブール公園の庭園と宮殿を造らせた王妃ぐらいにしか
認識してませんでした。
メディチ家から嫁いできた王妃としては、カトリーヌの方が全然
有名ですしね~。

>アンジェリーナは何故11月5日をモンブランの日に
>選んだんでしょう?

そのへんの説明がニュースには全く書かれてませんでした…。
この手のものはパリで広まるのかどうかも疑問ですが、、
モンブラン好きとしてはなんだかちょっと嬉しくなりました♪

Re: 世渡り上手のルーベンス!


ayakoさん

この連作は数も多いけど、その大きさも大迫力だよね~☆
一枚だけでもすごいのに24枚が一部屋をグルっと囲むなんて
なんて贅沢!

>当時の宮廷画家のお仕事ぶりがたいへん興味深く、
>おもしろかったです!

17世紀のヨーロッパで一番名声を得た画家かなぁ。
このマリーの連作を描くにあたっても、ヨーロッパの芸術
の中心がイタリアからフランスに移ることを感じ取ってた
かららしいし。
どんな世界、分野でも先を見越せる人は成功するんだね~。

>モンブランの発祥は知りませんが、フランス美食文化の発展も
>彼女あってのものですし‼︎

メディチ家は偉大!
当時のフランスとしては持参金目当てな政略結婚なんだろうけど
一緒にもたらした「文化」がスゴイよね~。

モンブランの発祥、気になる・・・!

Re: タイトルなし


ミツキさん

>マリー・ド・メディシスの連作、あたしもこの夏、
>オーディオガイド片手に鑑賞してきました!

そーだ、オーディオガイドというものがありましたね!!
随分前に一度借りたのですが、最近のものは画面に絵も出るのかな?
今度久しぶりに借りてみようと思います(*^^)v

>当時もう有名であったろうルーベンスに、こ~んなに連作描かせることが
>できたなんて、彼女の権力が観てとれますよね(ギャラも相当支払ったとか…)。

あれこれ趣向をこらしたプレゼント攻撃もしたとか。
例えば宝石だらけの首輪をつけた犬をプレゼント…。

>凡人とは違う、大きな意味ある人生だったんだな、と思います…。

この画を描かせたことだけでもスゴイもんね!

>アンジェリーナのモンブラン、あたしも一個は完食できませんでした~。

美味しいけれど、たくさんは無理な美味しさですな(+_+)

> そのときも苺のモンブランもありましたが、ノーマルのを選びました。
> 次回は苺味にしたいな…。

苺モンブラン、私も気になります♥
その次、カシス♪

Re: 久しぶりのコメントですが


sahieさん

お久しぶりで~す♪
コメントありがとうございます☆

> そんな皆さんとでオフ会をやったらとっても盛り上がりそうですねv-272

びっくり!
というのは、以前友達にもそんな感じのことを言われたことが
あったので\(◎o◎)/

色々なコメントを私も楽しく読ませていただいてます♡
いつかオフ会できるかも?!
で、オフ会って何?

> 来年パリに行けたら、こちらのルーベンスも見たいです。
> 鑑賞後はアンジェリーナへv-274

ルーベンスの画はモナリザなどよりは全然人も少なくて
見やすいのでゆっくり観れますよ☆
疲れた体にはやっぱり甘いのものですねっ(*^^)v

カトリーヌではない⁉︎

KEICOさん!

お恥ずかしい私の勘違いでした(笑)
今の今までカトリーヌの連作だと思い込んでました。フワッと感覚で生きてると、こういうことがよくあるのです。

間違いにも気がついて、たいへんお勉強になりましたー!
そしてたいへん失礼しました‼︎

オフ会とは

オンライン上のブログに対して、オフラインのリアルな集まりがオフ会…じゃなくてえ〜

やっぱりここ、コムダビでは
「おフランスの会」を略して「オフ会」でしょう‼︎ ねえ🎵

そう、ブルガリのナチュラリアでした〜!マダムすごい〜。
さっきググってみたら、当時なかった石バージョンもあってびっくり。私のはお魚の顔はパヴェダイヤに目がルビー、胴体はピンクトルマリン。のはずがガーネットかわからなくなり、保証書を探すも見当たらず。引越しなどで何処かに行ってしまった可能性大。
あーやっぱり私はガサツかも。でも売ることもないし、まあいっかぁ〜。
しばらく柄物ばかり着ていたせいかずっとゴージャスな指輪をしていませんでしたが、去年からのシンプル移行作戦により、また使える日々が来そうな予感!秋の到来が楽しみです。やっぱりファッションは足し算引き算ですねっ!

人差し指のナチュラリアを見かけたら、それは私かも〜!

しかし、ナチュラリアって言ったらビオのスーパーのイメージ…。

やっぱりルーブルは所蔵品がすごいですね!ルーベンスの連作、見に行きたいです〜。いやいや、見に行きます!

4枚目のアンリ4世の左手に何故か目が釘付け。マリーに一目惚れな感じが良く現れているな〜と思います。私もこんな絵を描いてもらいたいものです。主人が私の肖像画にうっとり、、、うう、やっぱりジョークにしかならなさそうなので辞めておきます。

アンジェリーナのモンブラン大好きです!甘〜いけれど病みつきになってしまう美味しさだと思います。でも、相当な甘党を自認している私ですがミニサイズでも4種類は食べられないだろうな。プラリネ味が特に気になります。

オフ会って、ネット上で知り合った人達が実際に会って交流を深める会の事だと思っているのですが、あっているのでしょうか。とっても楽しそうですね🎵

Re: カトリーヌではない⁉︎


ayakoさん

マリーとカトリーヌは混ざるよぉぉ(>_<)
しかも関連する夫や子供の名前もアンリだとか、シャルルだ、
ルイだと似たような名前が登場するし…。
メディチ家の男性陣もややこしてくてフィレンツェに行く度に
ロレンツォがいっぱい出てきて困る…。

もっと全然違う名前にして欲しいよねッ!

Re: オフ会とは


Kumiさん

> オンライン上のブログに対して、オフラインのリアルな集まりがオフ会…

ア、ボン?!
オフ会があるならオン会があるのか?とか思いましたよー。
オフ会=脱力な感じでカジュアルな格好で会う
オン会=めっちゃオシャレして会う
全然違ってた……。


>じゃなくてえ~ やっぱりここ、コムダビでは
>「おフランスの会」を略して「オフ会」でしょう‼︎ ねえ🎵

ウィっ、セッサ!
今後とも「おフランス会」な「オフ会」でよろしくお願いしま~す(^^)v

> そう、ブルガリのナチュラリアでした〜!マダムすごい〜。

20代の頃はブルガリへの憧れが強くてね~、
最近は私もあまり使ってないものがあるのですが
これからまた出番の予感です☆

> 保証書を探すも見当たらず。引越しなどで何処かに行ってしまった可能性大。

えぇぇKumiちゃん、そのへん大雑把ねぇ…。
私なんて保証書の類は独身時代のものから全て専用の箱に入れて
しっかり保管よ(^^)
でも、、肝心のモノを紛失しがち(>_<)
実は先日も夫からもらったブレスレットの居場所が一時わからなくなり
大ピンチでした。
見つかりましたけど…。

>人差し指のナチュラリアを見かけたら、それは私かも〜!

ふふ、見かけたらお声かけますよッ!
ナチュラリアではなく、ニッシンで(^^)

Re: タイトルなし


mejiさん

>ルーベンスの連作、見に行きたいです〜。いやいや、見に行きます!

フランドル好きなmejiちゃんには是非観て欲しい、この大作☆☆

>マリーに一目惚れな感じが良く現れているな〜と思います。

実際は関心がなかったと知っても絵は素晴らしいよね~。

>私もこんな絵を描いてもらいたいものです。主人が私の肖像画にうっとり、、、
>うう、やっぱりジョークにしかならなさそうなので辞めておきます。

欲しい、私もそんな絵(^○^)
が、会った瞬間「あのお見合い写真は修整ですか?」とか
容赦なく夫に言われるのは目に見えてるので辞めておきます…。

>ミニサイズでも4種類は食べられないだろうな。

だよね…。
なんだか私も2個以上食べるところを想像しただけで、ちょっと
お腹いっぱいな気分に(>_<)

>オフ会って、ネット上で知り合った人達が実際に会って交流を
>深める会の事だと思っているのですが、あっているのでしょうか。

さきほどKumiさんにも教えていただきましたが、そういうことみたいですね!
趣味とか好きなものが同じだったりすると初対面でも話は盛り上がり
そうですもんね~。
実は今回の帰国中に「ケーコさんですか?」と話しかけてくれた方が二人。
とてもびっくり&なんだか恥ずかし~な感じでしたが、こんな風に偶然というか
縁があると会えちゃうのかも♪と思いました。

Secret

プロフィール

Madame KEICO

Author:Madame KEICO
10月生まれ蠍座 O型

新潟県の旅館に生まれるも
女将にならず、上京、進学、
就職、結婚♥

約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ1区と東京白金の往復生活中☆

こちらのブログはフィガロ・ジャポンHP掲載中の
Comme d'habitude
(パリ・東京行ったり来たり)ブログ
(http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/)
から派生したオマケblog。
「つぶやき」や「気になるbelle et bonne」
を気ままにアップ☆

Comme d'habitudeブログへのコメントもこちらへ
気楽にお願いします♡

*********

2014年よりMy Litttle Boxの
アンバサダーに☆

*********

2013年6月〜2013年9月のBelle et Bonne
は、こちら
⇒ http://belleetbonneparismadame.blogspot.jp/

最新コメント

最新記事

リンク

検索フォーム

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


月別アーカイブ

QRコード

QR