08
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

元祖モーツァルトチョコレート☆

5月16日のComme d′habitudeは
「オーレリー・デュポン引退公演「マノン」」
http://www.madamefigaro-wlp.jp/75013/archives/post-343.html

たくさんの感動をありがとう、オーレリー♡♥︎

DSCN1980.jpg

***おまけのパリ***

小腹が空いた幕間には甘い物☆

という訳で、オーストリアでバカンスを過ごしてきたYさんからいただいたお土産のチョコレートをバッグに忍ばせて出かけました。

DSCN1850.jpg

オーストリアのお土産と言えば「モーツァルトチョコ」!
いただいたのは、ザルツブルクでしか売っていない元祖モーツァルトチョコ☆

IMG_0028_2.jpg

「モーツァルトチョコ」と言っても今ではたくさんのメーカーから販売されているそうですが、1890年にカフェのオーナーのPaul Fürstによって創作されたこちらの「フュルスト」のものが元祖だそう。
まん丸で、重量感もあって手作りらしく高級な感じ〜♡

IMG_0029_2.jpg

ダークチョコレートの中にヌガー、少しだけ上品にマジパン(ピスタチオ?)。

今年オーストリアのスキー合宿で買ったものとは別物な美味しさでした(●^o^●)





MLBKEICO.jpg

My Little Box(マイリトルボックス)お申し込みはこちらから

http://www.mylittlebox.jp/subscription/presentatio


関連記事
スポンサーサイト

聞いていて楽しくない

聞いていて楽しくないエピソードからでいいでしょうか?

もう、ショックで数時間会話がなくなりそうでしたよ〜。

何があったかって、絶対に自分は悪い事しないから大丈夫だと思ってたチケットコントロールにやられたんですっ‼︎

私、事故とか悪い事って、一つや二つの偶然や失敗では起こらないと思っていて、だいたい3っつ重なると起こるものだと思ってるんです。

私は基本良い子だし(あまのじゃくでも良い子なのよ)、謙虚だから忘れそうな事や失敗しそうなことはメモったり、アラームかけたり、努力するタチ。

それなのに、それなのに〜〜。

まず、そういう努力を面倒くさいとか大丈夫だと高を括るキャベツにメトロのカルネを2人分預けたのが、一つ目の私の失敗。
「すぐ乗るから、チケット持ってて」と。

そして、前に使ったカルネを捨てておらず(キャベツの二つ目の失敗)、それが入っているポケットにその新しいカルネも入れたキャベツの三つ目の失敗、そしてメトロの駅で使う時に使用済みの古い方を出したキャベツの四っつ目の失敗、さらになぜか使用済みのカルネで通れてしまった改札機の5つ目の失敗(?)、そういう時に限って検札がきた六つ目の失敗(?)、チケット見せろと言われポケットからまた使用済みのカルネを出したキャベツの7つ目の失敗。
まあ最後はどっちのカルネを出してもアウトだったけど〜〜。

2人で約120ユーロの罰金ですよぉ。
一応、何でよ、とか、ポケットの中で混じっただけなのに と言ったものの、当然聞いて貰えず。あたりまえよね、それが通れば皆んな一か八か古いので乗ろうとするもの…。

怒られ慣れていない自分が怒られてショックなのか、ズボラなキャベツに預けた自分に腹が立っているのか、やっぱりちゃんとしてないからこういう事を招くキャベツにイライラしたのかわからないけど、かなりショックでしたー。

で・も、
実はどこかでキャベツに「ほら見た事か!」と思っている節も…。ふふ。

その後の食事中にキャベツがため息をついたので、
「そんなにショックなら、日頃から私みたいに注意すればいいでしょ? 私の確認行為やメモ行為をいつも『そんなの大丈夫だよ』って煙たがるんだったらそんなにショック受けないでよ。『あーあ、やられちゃった、てへっ』程度じゃないの?そう思えないなら、私みたいにしなさいよ。どっちを選ぶかはあなた。』と言ってやりました。

年上女房なので平気でこれくらい言えます。
可愛くないけどね〜。

彼も一瞬シュンとしたけど、多分もう忘れてます。性格は変わらないものよね〜。

ま、でも怪我や病気じゃなくて良かったです!こんな程度で良かったわ〜〜。

私はだいぶ危機管理をしてる方だけど、
外国ではホントちょっとの油断で大変な事になるって体験出来て良かったです。

改札の印字が薄くて読めなくても容赦なく罰金みたいだから、自分だけが気を付けていてもダメなのよね。巻き込まれないように、誤解されないようにという気持ちは日本では想像出来ない位必要なんだと思った今回の旅行でした〜〜。

暗いエピソードでゴメンー!
次は楽しい方で挽回します。

À bientôt !

パ・ド・ドゥ

本場のバレエいいですね!
私はニューヨークで一回だけ上の方の席から観ただけですが、舞台だけでなく客席の華やかな雰囲気が印象的でした。KEICOさんのブログはわかりやすく、自分も疑似体験ができているようで楽しいです。
KEICOさんのようにシーズンを通して何年も観続けていると、バレエ団の質の変化とか団員の成長ぶりとかお気に入りの去就とかプログラム構成とか色々感慨深いのでしょう。以前のブログでオペラ座バレエの最近の「低迷」を感じていたと書かれていましたが、個々のスターダンサーや監督・演出家だけでなく組織の運営方針、資金繰りなど様々な要素がありそうですが、折角なら贔屓のバレエ団には勢いがあって欲しいですよね。
デュポンさん、素朴な衣装でも素敵な雰囲気一杯の方ですね。でも、来日の時の写真などから私のイメージしていたお姫様バレリーナというより実際は筋肉締まってガッチリタイプ?バレリーナに「定年」があるのも知りませんでした。

Re: 聞いていて楽しくない


Kumiさん

> 聞いていて楽しくないエピソードからでいいでしょうか?

もちろん(^^)/

> チケットコントロールにやられたんですっ‼︎

あ”〜ッ(>_<)
それはまさにパリ的マーフィーの法則というような…。
普段、無賃乗車とか絶対しない人、というか、そもそも
そんな気も全くない人に偶然の偶然の偶然が重なって
おこる不運(=_=)

去年日本から来た友達2人も凱旋門近くのメトロで
起こった出来事もカルネがらみ…。
カルネを買って改札を出たところで警察らしき人に
捕まって罰金請求。
その訳は、子供用とは知らずに買ったカルネで改札を
通ってしまい、通った瞬間近くにいた警察がきて
とても怖かったらしい。
(子供用で改札を通ると、改札機からちょっと違った音がする)
子供用と知らなかった、差額と払うと言っても全く
聞いてもらえず、ひたすら罰金請求されたそう。
かなり焦って私に電話が来たものの、そんな日に限って
私は夕方から入浴中…。
私の夫の携帯に電話して繫がって、夫がハードネゴ?!
ちょっとだけ罰金をオマケしてもらって二人で80ユーロに。
やっぱり故意じゃなくても、そこは見逃せないもの…。
初めてのパリでそんな洗礼を受けてしまった二人は
本当に気の毒で…(T_T)
だって明らかに無賃乗車な人とか改札を飛び越えて
出て行くようなパリジャンもたーくさんいるのに
そういう人が捕まらないで悪気のなかった人が
捕まって罰金取られるなんて!!って、いつも思う…。

Kumiちゃんたちにとっても本当にこの事件はお気の毒
だけど、これが厄落とし!!
これからイイことあるある☆

> 私の確認行為やメモ行為をいつも『そんなの大丈夫だよ』
> って煙たがるんだったらそんなにショック受けないでよ。
> 『あーあ、やられちゃった、てへっ』程度じゃないの?
> そう思えないなら、私みたいにしなさいよ。どっちを選ぶかはあなた。』

み、耳が、耳が痛いです(>_<)
全くうちと逆で、、Kumiちゃんの言葉はそのまま夫、
ton mariの「そんなの大丈夫だよ」は私でございます…(ー_ー)

ま、こんな二人だからバランス取れてるってことで
今後とも宜しくお願いしまーーす♡

Re: パ・ド・ドゥ


ワッキーさん

私のバレエ鑑賞はパリばかり。
他のバレエ団はなかなか観る機会がないので、
NYのアメリカンバレエシアター、
ニューヨークシティーバレエやロンドンの
ロイヤルバレエとかも現地でいつか観てみたいです♡

> わかりやすく、自分も疑似体験が
> できているようで楽しいです。

そういっていただけると嬉しいです。
メルシーでございます☆
技法、テクニックなどはわからないので…。

> 折角なら贔屓のバレエ団には勢いが
> あって欲しいですよね。

そうそう、ダンサーも劇場もココが一番なのよッ☆
みたいに思いたいところはありますよねー。

> デュポンさん、素朴な衣装でも素敵な
> 雰囲気一杯の方ですね。

顔立ちが上品なので、娼婦とかあばずれ系の役は
あまり似合わない感じですかね〜。
ダンサーの定年は42歳だそう。
国立バレエだから彼らは国家公務員なんですよー。

No title

今日のKUMIさんのコメントを読んで驚きました。
メトロではそのようなチェックがあるとは知りませんでした。改札を無理矢理飛び越えて行くような不正乗車の人をたくさん見ましたが、駅員さんたちは特に注意もしていなかったので、そのへんは厳しくないのかと思ってました。
今度パリに行く時は気をつけようと思います!!
そして今度のパリではタイミングよくバレエが見れたらオペラ座に行きたいと思ってます。KEICOさんのブログでいつもステキな劇場内の様子に憧れます。自分の目で見てみたいです🎵

マノン

KEICOさんへ、

マノンは日本のバレエ団公演で拝見したことがあります☆いつも思うのは…骨格が違う外国人ダンサーと日本人ダンサーとでは表現力が違うんだろうなぁ。。。と。
でも日本人ダンサーの方も手足が長くウットリする方もいるので、前よりも頻繁に足を運ぶようになりました♡これもマダムのBlogのおかげなんです♡

マダムは背筋を伸ばして、それなりに歩いていればOGに見られますよね⁉︎きっと。
話はそれますが…時々マダムがお洋服の相談をされているバイヤーN氏。
初めてお見かけした時は、バレエの先生だと思いました…ピンっと伸びた背筋…^^;

チョコレート良いですねぇ(≧∇≦)
私は真夏以外はもっぱらリンツのリンツドールのお世話になりっぱなしです^ ^飲み物のように口の中へ流れてゆきます。。。^^;

でもね、やっぱり

昨日はみなさんまで脅かす様なエピソードで
申し訳なかったわ〜。

直後は「なによ〜!パリはホントに『めぇーるどぅっ(く◯ったれー!)なんだからあ!」と腹が立ったんだけど、
「じゃあ、あたし、もうパリ嫌いになった?フランス嫌いになった?」と自問したところ… やっぱり嫌いになれないんですよねー❤️

そんなところも含めて面白く、好きなんだな、多分。

パリでは、最終日にクーラーバッグと保冷剤を持って、HISADAさんのお店でチーズとバターを購入しました。深夜便だったけど東京まで冷たいままキープして持って帰れました。マダムのブログを見なかったら、そんな事可能だなんて思いつかなかったわー、ありがと〜。
パリジャンは連休で何処かへ行っているのか、あまり買いにこなかったらしいけど、代わりに最近日本でもテレビで取り上げられたせいか、ゴールデンウィーク中は日本人がだいぶ購入して行って、品薄状態だったみたい。私は前日に一度伺ってたので、「明日の○時過ぎに沢山入荷します!」と教えて貰えて助かりました。
名前忘れちゃったんだけど、アメリカのコーヒーでウォッシュしたフロマージュを購入しました。コーヒーやシャンパンと合うとのこと。帰宅後、コーヒーとは何の違和感もなく当たり前の様にマッチしてペロリ。シャンパンとはこれから合わせてみます!

それから、私もM.Chatの本を買いました!
キャベツが欲しいと言い出し、あの緑のシャッターの本屋さんを探したんだけど、ボナパルト通りまで来たのに忘れちゃったみたいで見つからず。セーヌ通り近くのあの食器屋さんまで行って道を教えて貰い、なんとか到着。本も残っていて無事購入。お店のマダムが「今はもうシャッター塗り直しちゃって、ネコ居ないのよ〜。写真あるけど見る?」とPC上の写真を見せてもらいました。

こういうやりとりこそ、フランス旅行の醍醐味。最初から120点のリターンをしてくれる日本のおもてなしも凄いけど、こちらの熱意を伝えることからまず始まって 次に一生懸命それに応えようとするフランスの形は、私には人間臭く感じられて好きだなー。

そうは言っても、羽田に着いてゴミひとつ落ちてないピカピカの床やトイレを見ると、やっぱり「ニッポンすご〜!クール!」と感動しました。

今年もジョルジュ・ラルニコルのクイニーアマンを購入し、早速冷凍へ!
パリを思い出しながら、少しずつ楽しみたいと思います〜。
そういえば、最近マダムもここへ行っているのよね?ニアミスしていたかと思うと不思議〜〜。
ちなみに、大阪弁のニコは居ませんでした。残念。


Re: No title


sayuriさん

> 今度パリに行く時は気をつけようと思います!!

スリとかひったくりとはまた違った
注意が必要ってことかな〜。
でも注意し過ぎて損はない街・パリで
ございます…。

> そして今度のパリではタイミングよく
> バレエが見れたらオペラ座に行きたいと思ってます。

バスティーユでもバレエ公演をやりますが
観るならやっぱり雰囲気があって、幕間も
楽しいガルニエ宮がイイですよん(^_^)v

Re: マノン


リエさん

> でも日本人ダンサーの方も手足が
> 長くウットリする方もいるので、前よりも頻繁に
> 足を運ぶようになりました♡

って、聞きます!
外国人ダンサーに引けを取らないプロポーション
のダンサーが増えていると☆

パリオペラ座で注目されているのが日本人と
ニュージーランド人のハーフの「オニール・八菜さん」。
八菜で「ハナ」って読むんだって。
とーーってもキレイでスタイルも抜群です☆★

> マダムは背筋を伸ばして、それなりに
> 歩いていればOGに見られますよね⁉︎きっと。

絶対ノーーンッ(>_<)
まず歩き方がバレエやっていた人とは違います…。

> 話はそれますが…時々マダムがお洋服の
> 相談をされているバイヤーN氏。

ホント、あの方の姿勢の良さはスゴイよね。
遠くから歩いてきてもすぐわかる!
社交ダンスか何かやってた?!
今度聞いてみよーっと♪
それにしても、あの人のバイイングは、
やっぱりなかなかスゴイです。
彼が買い付けるものは、パリではもうsold out☆

PS
リンドールも美味しいよね〜。
手軽についパクパクと…。
食べ過ぎ注意ですよッ(=_=)

Re: でもね、やっぱり


Kumiさん

> 昨日はみなさんまで脅かす様なエピソードで
> 申し訳なかったわ〜。

いやいや、そういこともあるんだ…
って、知っておくことは大事だよ〜。
というか、チケットコントロールの存在をね。

それにしても、この国は腹の立つことが多い。
多過ぎるッ(ー_ー)!!
でも嫌いになれないってのが不思議だよね〜。
やっぱりヒトと同じ?!
短所無しなヒトはいないし、短所以上の長所があって
短所もなんとなく許せるから好きでい続けられる
みたいな?!

ところで、HISADAのコーヒーウォッシュなフロマージュ
って気になる〜♡
もちろん、見たことも食べたこともない!
そもそもコーヒーとチーズが合うの?って
ところに興味をそそられる!(^^)!
こりゃ近くに行った時には買ってみないと♪
でも毎日入荷してるものじゃないか…。

> それから、私もM.Chatの本を買いました!

お店のマダムとのエピソードも含めて素敵なお土産
だね〜☆
そういえば最近新しいネコに出会ってません(=^・^=)
下ばかり見ていたのかも…。
はい、明日から顔を上げて歩きます。

> そういえば、最近マダムもここへ行っているのよね?

うん☆先週の土曜日の午後。
私もニコを探したんだけど、いなかった。
転職しちゃったかな?!
Secret

プロフィール

Madame KEICO

Author:Madame KEICO
10月生まれ蠍座 O型

新潟県の旅館に生まれるも
女将にならず、上京、進学、
就職、結婚♥

約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ8区と東京の港区を往復生活中☆

こちらのブログはフィガロ・ジャポンHP掲載中の
Comme d'habitude
(パリ・東京行ったり来たり)ブログ
(http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/)
から派生したオマケblog。
「つぶやき」や「気になるbelle et bonne」
を気ままにアップ☆

Comme d'habitudeブログへのコメントもこちらへ
気楽にお願いします♡

*********

2014年よりMy Litttle Boxの
アンバサダーに☆

*********

2013年6月〜2013年9月のBelle et Bonne
は、こちら
⇒ http://belleetbonneparismadame.blogspot.jp/

最新コメント

最新記事

リンク

検索フォーム

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


月別アーカイブ

QRコード

QR