09
27
28
29
30
   

コニャック・ジェ美術館

9月10日のComme d′habitudeは
「食べるエステサロン」
http://www.madamefigaro-wlp.jp/75013/archives/post-399.html

いつも通り最初にいただいた薬膳スープは冷え性対策の貴婦人スープでした。

DSCN4150.jpg

***おまけのパリ***

芸術の秋、到来★
パリのそれぞれの美術館では面白そうな企画特別展が目白押し。

行こうと思っている一つが、Musée Cognacq-Jay(コニャック・ジェ美術館)

Musee-Cognacq-Jay-facade-exterieure-jardin-630x405-C-OTCP-Didier-Messina.jpg

あら?もしかしてこの美術館には今まで一度も行ったことがないかも…?

1870年創業のサマリテーヌ百貨店創設者CognacqとJay夫妻。
ご夫妻の名前がそのまま美術館の名前になった美術館で、お二人がコレクションした美術品と当時のお金持ちの暮らしぶりを見ることができる大邸宅。

musee-cognacq-jay-1.jpg

musee-cognacq-jay.jpg

そこで只今開催中なのがThé, Café ou Chocolat ? L'essor des boissons exotiques au XVIIIe siècle
「紅茶、コーヒーそれともチョコレート?18世紀における喫茶文化の発展」。

11008461_756768694439787_6221783875368856908_n.jpg

あ…でも9月27日まで(=_=)
行けない(>_<)

でもこの美術館は見てみたいのでマレ散歩の時に立ち寄って常設展を観ようと思います!


<info>
Musée Cognacq-Jay(Hotel Donon)
コニャック・ジェ美術館(ドノン館)
8 rue Elzevir 75003 paris
http://www.museecognacqjay.paris.fr/





********************

MLBKEICO.jpg

My Little Box(マイリトルボックス)お申し込みはこちらから

http://www.mylittlebox.jp/subscription/presentatio
関連記事
スポンサーサイト

でもお値段が、、、

改装後の劉安の様子をとても興味深く拝見しました。
中国古来の薬膳中華に加えてフレンチかと見間違えそうな創作料理の競演、美味しく楽しく体にいい、と3拍子揃った素敵な様子がよくわかります。私も是非再訪したくなりました。
ホームページを見たところでは従来のお料理中心の感じですが、創作系を食べてみたい場合、あるいは両方食べてみたい場合はわがまま聞いて頂けるのかしら?とは言え、個人的には前回マダムが紹介されていたブルーシャークのフカヒレ姿煮がインパクト大で、トリュフ焼売などの高級食材と一緒にいただいたらとんでもない値段になってしまうのだろうと心配です。見るだけで我慢しておいた方がいいのかしら、、、
コニャック・ジェ美術館、しっかりメモしました。面白そうですね。

綺麗ですね

典型的な中華料理のイメージとは違って
綺麗なお料理ですね。
見てるだけで綺麗になれそう(笑)
食べたらきっと綺麗になれますね。
ますますKEICOさんの美貌に磨きがかかりますよp(^_^)q
しばらく中華料理を食べに行ってないから
食べたくなりました。
ブログにアップされていた勇や敦煌も
気になります。
ヘイフンテラスはランチなら行けそうです🎵

No title

Keiko様、今年の秋はコレ!と言う展覧会はないな〜、と
思っていました。是非是非”パリの美術館企画展情報2015"
をお願いします!!ちなみに”私的絶対に行かなくちゃ展覧会”
は来春4月6日からポンピドーで始まるパウル・クレー展で、
それまでは特にない、今年の秋はつまらない…、と思っていま
した。

Re: でもお値段が、、、


モニカBさん

お店の2階はガラッと変わりました★
2階から立派なモミジが見えるので
紅葉を見ながらの食事も雰囲気があって
良さそうです。

> 創作系を食べてみたい場合、あるいは両方
> 食べてみたい場合はわがまま聞いて頂けるのかしら?

予約のお電話の際に薬膳中華か創作系か
お願いすれば良いそうですよ。
それと予算をお伝えしてお願いすることも
可能です☆

> コニャック・ジェ美術館、しっかりメモしました。面白そうですね。

ニッシム・ド・カモンド美術館も素敵ですけど
こちらの邸宅も気になります(*^_^*)

Re: 綺麗ですね


moriさん

全てのお料理が素材の味を大切にしてまして
味付けは塩のみ、あとは素材の甘味や苦味、
旨味を数日かけてじっくり出すという手法の
ものが多く、塩だけでこんなに美味しくなるの?!
と驚きの連続です。

> 食べたらきっと綺麗になれますね。

これがね〜、食べた翌々日ぐらいに
あら?なんだかお肌が元気♫
お化粧のノリがイイわ♫
と、実感します。
鹿のアキレス腱とか、めっちゃコラーゲンですから(*^^)v

勇、敦煌、ヘイフン、センブンスサン、
それぞれ全く違った中華料理で美味しいです。
(ヘイフンとセブンスサンは似たような系統ですかね…。)

Re: No title


kimikoさん

来月パリに戻りましたら街中のポスターとPariscopeで
色々チェックしようと思います。
で、面白かった展覧会はブログにアップしますね〜(*^^)

現時点で気になっているのは、
・リュクサンブール美術館の「恋するフラゴナール展」
・プティ・パレの「幻想版画・ゴヤからルドンまで」
・グラン・パレの「ピカソマニア展」
ピカソはそんなに好きではないのですが、この展覧会は
ロイ・リキテンシュタイン、ウォーホル、バスキアなどの
現代作家たちの作品の中にある「ピカソ」も集めている
そうで気になりました。
・パリ市立近代美術館の「ウォーホル回顧展」


> ちなみに”私的絶対に行かなくちゃ展覧会”
> は来春4月6日からポンピドーで始まるパウル・クレー展

恥ずかしながらパウル・クレーの作品を
ちゃんと観たことがないのですが、
謎めいた不思議な絵が多いような。
年代を追って作風の変化を観てみたいです(*^_^*)
という訳で、私も手帳にパウル・クレー展をメモメモ☆

No title

Keiko様、プティパレは、私はむしろFantastique!Kuniyoshi展
歌川国芳展の方に惹かれていました。”ピカソマニア展”は
知りませんでした。興味深々です。展覧会のアップを楽しみ
にしています!!

Re: No title


kimikoさん

ゴヤやルドンの暗い絵も好きなんですよ〜。
ルドンは50歳過ぎてからの明るい色彩の画風に
変わった後も幻想的で好きです♥︎

> 私はむしろFantastique!Kuniyoshi展
> 歌川国芳展の方に惹かれていました。

パリで観る江戸時代の絵師の絵、
面白そうですね!(^^)!
パリはいろんな展覧会があって
やっぱり芸術に対して懐が深い!

kimikoさんが楽しんだ展覧会があったら
是非教えてください(^_^)/
芸術の秋、楽しみましょ〜♬
Secret

プロフィール

Madame KEICO

Author:Madame KEICO
10月生まれ蠍座 O型

新潟県の旅館に生まれるも
女将にならず、上京、進学、
就職、結婚♥

約10年間のOL生活の後、2004年渡仏。
現在は夫と共にパリ8区と東京の港区を往復生活中☆

こちらのブログはフィガロ・ジャポンHP掲載中の
Comme d'habitude
(パリ・東京行ったり来たり)ブログ
(http://madamefigaro.jp/paris/blog/keiko/)
から派生したオマケblog。
「つぶやき」や「気になるbelle et bonne」
を気ままにアップ☆

Comme d'habitudeブログへのコメントもこちらへ
気楽にお願いします♡

*********

2014年よりMy Litttle Boxの
アンバサダーに☆

*********

2013年6月〜2013年9月のBelle et Bonne
は、こちら
⇒ http://belleetbonneparismadame.blogspot.jp/

最新コメント

最新記事

リンク

検索フォーム

カテゴリ

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


月別アーカイブ

QRコード

QR